日記

福岡に住んでいたころのことだから、まだ私が6才くらいのころだ。

雪の降るひどく寒い日に、一番したの妹が泣き止まないことがあった。

理由は覚えていないけれど母は出掛けていて、父と弟と妹との四人で家にいたのだろうか ...

日記

たいきと風呂から上がると、のはなはもう先に奥さんが寝かしつけをしてくれている。

しかし、いつもはもうかなり静かになってるはずの寝室から、元気なのはなの声が聞こえる。

何やらご機嫌で話しているようだ。

日記

最近、登園のことをあまり日記にかいてなかったかもしれない。

最近のたいきは朝のお着替えをお母さんとしたがる。

ところが今朝は奥さんが寝坊ぎみで、たいきは私と二人でご飯からお着替えまで、いやがるかなと思ったけど意 ...

日記

先週保育園で、ママ友さん(?)から奥さんがいきなり女の子ものの服をたくさん頂いたらしい。

といっても奥さんはあのお母さんとはあんまり話したことはないはず。

そうそう。

以前、あのお母さんが子供を三人 ...

日記

マッサージチェアでうたた寝していると、寝室からのはなの泣き声が聞こえてきた。

深夜24時過ぎたとこ。

とうとう来たぞ、と思う。

このために、今日は粉ミルクを買ってきたのだ。

いよいよだ。 ...

日記

いよいよ離乳食をはじめたらしい。

他人事みたいで申し訳ないんだけど、病院が開いてる時間にやらなきゃいけないからには、今のところ私はお呼びではない。

のはながちゃんと座れるようになったので、ごはんのときはのはなも ...

日記

風呂からあがったのはなに奥さんが授乳。

そのままのはな寝落ち。

「寝たよ。連れてっていいよ」

奥さんはこの後たいきとお風呂なのだ。

というわけで、奥さんの膝からのはなを持ち上げた瞬間にの ...

日記

のはなと風呂に入って、出てくると奥さんが授乳してくれて。

で、のはなはいったんうとうとするんだけど、奥さんはその後たいきと風呂。

たいきが私と入ってくれるときは違うのだけど、たいきが『おかーしゃんとはいりたい』 ...

日記

年末年始を熊本の義実家で過ごした。

のはなはその間に随分表情が豊かになり、一人でおすわりがしっかりできるようになった。

もう、座ったまま床に落ちてるものを拾っても、転ばずにいられることが多くなった。

日記

例によってのはなとたいきの寝かしつけ。

どうも今日はのはなの虫の居どころが悪い。

まあ、とにかくギャアギャア泣く。

いつものおしゃぶり添い寝じゃどうしようもないので抱っこ。

たいきは布団 ...