日記

今日の昼はご機嫌で遊んでいたのだけどお昼寝はしなかった。

風呂から上がって寝かしつけ中、気持ち良さそうに見えたのだけど。

たいきがいきなり布団の上で枕に吐いた。

息が詰まらないように、安心できるよう ...

日記

たいきが『だっこ』って言った。

はっきりと。

『だっこ』

思わず聞き返した。

「だっこ?」

たいきはもう一度、私の顔を見て、はっきりと、高らかに、誇らしげに言った。

日記

今朝はことさら寒かった。

相変わらずたいきは上着を着てくれないのだけど、通りに出たとたん強くなった風がさすがに寒かったらしく、私の首にかじりついてきた。

「上着、着る?」

「や」

まあね ...

日記

保育園のお迎えから帰宅すると、たいきがお母さんのところに飛んでいった。

「おつきしゃまがね、いえのなかにかくれたよ!」

保育園からの帰り道、今日は、それはそれはきれいな舟月が西の空に浮かんでいた。

...

日記

奥さんの体調が、とんでもなく悪い。

熊本でもほとんど動けなかった。

義実家での皿洗いだの、食事の支度だの、別に奥さんのかわりにやったつもりはないけれど、義両親は、私がそういうつもりでやってると思ったかもしれない ...

日記

熊本滞在最後の夜、義母から言われた。

「時々休みの日にお出掛けの写真を送ってくれるけど、いっつもあなたとたいきくんの二人でしょう?あの子はいつも何やってるのかと思ってね。もっと、母親なんだから子供の相手してやらんと。家事だ ...

日記

私なりに頑張ってきたつもりなの。

平日の朝御飯だって、はじめの頃はそれなりにおかずとご飯とスープみたいな感じで用意してたし。

休日のご飯は、ちゃんと、大人と同じセットをたいきにも必ず用意してきた。

...

日記

じーじもばーばもたいきが遊びに来ることを本当に楽しみにしてくれていた。

まだ2歳のたいきに、どうやって、じーじばーば孝行させるのか、こちらに来る随分前から考えていた。

お風呂のなかで、たいきに毎日聞く。 ...

日記

じーじは声がでかい。

「たいちゃん!」

と呼ぶじーじの優しいのだけど大きな声が、たいきはちょっと苦手。

今のところじーじは元気なんだけど、とはいえ高齢な義父との距離をどうやって近づけるのか。 ...

日記

朝からたいきはご機嫌だった。

どうやら22日の授乳を最後に、断乳もうまくいってるようで、おっぱいがほしいと泣くこともない。

着替えを済ませると、靴下と靴を履きたいと言い出した。

いつもは靴下も靴も履 ...