子育てを考える

久しぶりに義母と会った。正月に会った時はまだたいきは歩くことができなかった。

半年ぶりに会うたいきが奇声をあげながらそこら中を走り回り、抱きついてくるのをとても喜んでくれた。

義母は優しい。

たいき ...

子育てを考える, 日記

保育園では数ヶ月前に「たいきくんが上のクラスのお子さんのまねをしてトイレに座って、しかもそこでおしっこしてましたよ!」という話を、先生から2回ほど伺ったことがある。

そりゃすごい!とは思ったがそれ以上のことはしてこなかった ...

お父さんであること, 子育てを考える

こんな風景を想像した。

暖かい春のある日、山に囲まれた畑で若いお母さんがモンペみたいなのはいて頭にはほっかむりをして子供を背負って農作業をしてる。遠くでヒバリが鳴いていて、お母さんの背中では子供がふみゃふみゃ泣いていた。や ...

子育てを考える, 日記

日曜夕方から昨日の深夜に及ぶ出張。

今日は実に四日ぶりにたいきと風呂にはいった。

たいきもすこし興奮ぎみにはしゃいでいたのだろうか。

うちの狭い狭い風呂。たいきが5、6歩も歩けば端からはじまで行けて ...

お父さんであること, 子育てを考える

結構色んな人から色んなトーンで「いつまで初心者なの?」というリプをもらうので、いつまで初心者なのかまとめときます。

結論から言うと、いつまでも初心者です。

子育て数ヵ月で気付いたのは、とにかく子供の成長が早くて ...

お父さんであること, 子育てを考える

うちの子が通っている保育園の連絡帳はWebで入力するタイプで、我が家では7割くらいの日は私が入力している。

長い日もあれば短い日もあるのだけど、大体長めかもしれない。

今朝、たいきとは別のクラスの先生から「たい ...

子育てを考える, 人気記事

公共の場というのは健康な体を持つ成人男子だけのためにあるわけではない。

お父さんであること, 子育てを考える

まだ①を読んでない方はこちらわたしのしつけ①~お守りと絵本

わたしがしつけの道具としてお守りと絵本を選んだのには多少わけがある。

お守りというのは原価10円くらいの実に価値の分かりづらいものだ。価値があるかどうかもアヤシイと ...

お父さんであること, 子育てを考える

しつけっていう言葉は嫌いだ。しつけっていうのは子供に暴力を振るうための免罪符じゃない。

何か子供をしかるときに、まず自分がイライラしていないか、何のためにしかるのか、よく考える。

イライラしてるときはしからない ...

子育てを考える, 人気記事

子育てをするにあたって私が一番大事にしていることは、奥さんを信用しない、ということと、自分を信用しない、ということ。残念ながらふたりとも、たいきを虐待する可能性がある。私はこの二人を本当に信用していない。