お父さんであること

私は謝るのが苦手だ。

私がまだ小さい頃、記憶もないくらい小さい頃、私の母は私を叩いていたらしい。

記憶のなかでも、何をやらかしたのかなんて何にも覚えてないけど、とにかく叱られることは私にとっては叩かれることを意 ...

お父さんであること

イクメンフェス2018にいってきた

まずは子育てとーさんさん、イクメンフォト2018、大賞受賞おめでとうございます!

これは、最初に見たときからずるいと思ってた。

なんか被写体もかっこいいし、写真の質そのものが段 ...

お父さんであること

私の父方の祖父は、私が物心ついたころには目が見えなかった。

と言っても失明したのは私が生まれた少し後だったらしい、ということは前から聞いていた。

最近その頃のことを詳しく聞く機会があった。

父には姉 ...

お父さんであること

今日、保育園にたいきを迎えに行くと、4歳の女の子が3人、たいきを含む2歳の男の子が2人、1歳の女の子が1人いた。

たいきは朝遅めだけど夜は一番遅いほうなので、いつもはたいきを迎えに行くと、大体たいきともうひとりか、ふたりぐ ...

お父さんであること

先々週だったか、たいきを横浜美術館に連れていった(「秘密のデート~2才児を美術館に連れていった」)。

どうも、たいきはその後も数日間その時のことを覚えていて、盛んにお母さんに「ポッポッポ!みた!」などと話していた。 ...

お父さんであること, 子育てを考える

はじめに

子供が生まれるまで私は気づかなかった。

赤ん坊は、生まれたその日から呼吸をし、おっぱいを飲み、うんちをし、泣き、寝る。つまり、お母さんのお腹の中で十月十日守られてきた命は、生まれたその日から通常運転で人間を始める。 ...

お父さんであること

保育園からの帰り道、台風の影響で強風がすごくて抱っこ。

強い風が吹いてくるたびにたいきがキャッキャ言ってるので、おどけて「とばされる~」といいながら後ずさりしたりくるくる回ったり。

「もういっかい!もういっかい ...

お父さんであること

例によって奥さんの帰りが遅い。

お迎えに保育園に向かうと、同じ保育園の子ども達から「あー!たいちゃんのおとーさーん!ばいばーい!」などと叫ばれるのはもはや日課。

帰り道はたいきもずいぶん歩いた。

道 ...

お父さんであること, 人気記事(100シェア)

たいきがカラーマーカーと落書き帳を持ってきて

「かばくん!」

と言った。

あのね、お父さんは小学校の頃、図画工作はずっと「2」だったんだよ。

アンパンマンだけは一生懸命練習して、アンパン ...

お父さんであること

絶対に忘れたくないスレッドをみつけたので張っとく。いいねやリツイートで済ましてはいけない。

ちなみに欧米では履歴書に写真を貼らせるのは禁止。

写真を見れば肌の色が分かってしまうから。

【合わせて読む ...