お父さんであること

野に咲く花のようにを聞いている。

今も愛されるダ・カーポの名曲。

そういえばこの曲は、たいきの夜泣きが一番大変だった頃によく寝かしつけで聞いていた歌。

名付けの時には意識しなかったけど、大好きな歌だ ...

お父さんであること, 子育てを考える

出産から一夜明けて、たいきをつれて義母と一緒に母子のお見舞いに行った。

お母さんはのはなをベッドにおいてたいきを出迎えた。

長期入院していたわけでもなく、たいきが寝てる間に入院、出産したわけで、そんなに気を遣う ...

お父さんであること

子供が生まれて、人生観が変わった。

どう変わったということは置いておいて、とにかくものすごく変わった。

子供の頃は夏休みって無限に続くんじゃないかと思うくらい長かった。

日々成長するし、身長だって毎 ...

お父さんであること, 日記

義実家から奥さんが近況報告だの動画だの写真だのを送ってきてくれるのが、男やもめ生活の楽しみ。

今日は随分色々食べたらしい。

量もすごい。

ばーばが作ってくれるご飯は美味しいからなぁ。

さ ...

お父さんであること

午前中、玄関前の草むしりとベビーカーのオーバーホールをやっていたら、お隣さんが回覧板を持ってきてくれた。

奥さんは平日ほぼワンオペらしいが、今日は2台の自転車にのって三人でおでかけらしい。

2歳の息子さんに

お父さんであること

たいきが生まれたとき、私に

『日記を書くといい』

とアドバイスをくれた人がいて。

最初は紙にペンで書いていて、今はそれをこの雑記帳に書いている。

昨夜、久しぶりにその人と飲んだ。 ...

お父さんであること, 日記

先日、たいきと風呂にはいろうと支度していると、ドアのインターフォンが鳴った。

21時過ぎのことだ。

何か荷物が届いたかなと思って出るとインターフォンの画面に30才前後の私服の男性と女性が映った。

「 ...

お父さんであること

私のなかにもやっぱり母親神話みたいなのはあって。

たいきが今日、おむつをかえようとしたら

「おかあしゃんがよかった」

と言った。

泣いたわけでも暴れたわけでもなくて。

ぽろっ ...

お父さんであること, ディズニー

今回のディズニーはとにかくてんこ盛りだった。

命がけの出産を間近に控えた奥さんとしては、思い残すことがないようにやりたいことを全部やっておこうということらしい。

サンルートホテル、シェラトンホテルに泊まり、最後 ...

お父さんであること

今朝は大雨で

保育園の送りがそれはそれは大変だった。

傘さして抱っこは大変だから

できれば少しでも歩いてもらおうと

たいきが濡れないように準備して

濡れた時の準備もして