お父さんであること

今日はお母さんの帰りがいつもよりすこし遅かった。

いつもは保育園から帰ってきてお父さんと風呂にはいって、風呂から出るとお母さんが服を着せてくれて授乳。

そのまま眠ることもあれば、そこから改めてお父さんが寝かしつ ...

お父さんであること

お迎えにいくと、たいきの他に4才のゆきなちゃんと1才しのぶちゃん姉妹がまだ保育園に残っていた。

この二人は今年度からよくこの時間まで残るようになったお友達で、よく会う。

この時間は子供たちの相手をする先生はひと ...

お父さんであること

たまたま、男性の先生がたいきをしかっているところに出くわした。

たいきが、1才のお友だちが読んでいた絵本を横から取り上げてしまった。

なかなか気丈な子で、泣きはしないもののもちろん悲しそうにしている。

お父さんであること

奥さんへの愛情が伝わってくるエピソードが聞きたいです、という素敵な質問を頂いた。

しかしまあ、残念なことに考えても考えてもなにも思い付かない。

半日考えて、辛うじて、先週奥さんの足のマッサージをしたことをツイー ...

お父さんであること

私は謝るのが苦手だ。

私がまだ小さい頃、記憶もないくらい小さい頃、私の母は私を叩いていたらしい。

記憶のなかでも、何をやらかしたのかなんて何にも覚えてないけど、とにかく叱られることは私にとっては叩かれることを意 ...

お父さんであること

イクメンフェス2018にいってきた

まずは子育てとーさんさん、イクメンフォト2018、大賞受賞おめでとうございます!

これは、最初に見たときからずるいと思ってた。

なんか被写体もかっこいいし、写真の質そのものが段 ...

お父さんであること

私の父方の祖父は、私が物心ついたころには目が見えなかった。

と言っても失明したのは私が生まれた少し後だったらしい、ということは前から聞いていた。

最近その頃のことを詳しく聞く機会があった。

父には姉 ...

お父さんであること

今日、保育園にたいきを迎えに行くと、4歳の女の子が3人、たいきを含む2歳の男の子が2人、1歳の女の子が1人いた。

たいきは朝遅めだけど夜は一番遅いほうなので、いつもはたいきを迎えに行くと、大体たいきともうひとりか、ふたりぐ ...

お父さんであること

先々週だったか、たいきを横浜美術館に連れていった(「秘密のデート~2才児を美術館に連れていった」)。

どうも、たいきはその後も数日間その時のことを覚えていて、盛んにお母さんに「ポッポッポ!みた!」などと話していた。 ...

お父さんであること, 子育てを考える

はじめに

子供が生まれるまで私は気づかなかった。

赤ん坊は、生まれたその日から呼吸をし、おっぱいを飲み、うんちをし、泣き、寝る。つまり、お母さんのお腹の中で十月十日守られてきた命は、生まれたその日から通常運転で人間を始める。 ...