PVアクセスランキング にほんブログ村

お弁当の絵とくるくる

お父さんであること, 日記

とうとう。

いや。

ようやく。

保育園の中に入れるようになった。

長かったわ。

もう、パートの先生なんか誰がいて誰がいなくなったのかもわからないし。

のはなの同級生なんて顔と名前が一致しないし。

というかのはなの担任の先生だって2回しか会ってないとか。

そんな感じ。

ようやく中に入れるようになって。

なんというかほっとしたというか。

たいきのお友達たちが

「あ!たいちゃんのおとうさん!」

なんていって駆け寄ってきてくれるのがとてもうれしい。

2年前まで、毎朝会っていたのだ。

ちゃんと覚えててくれたんだなぁと思ったりする。


見ると壁に絵が飾ってあった。

当然、子どもたちの書いた絵だ。

先生が

「遠足の思い出の絵をみんなで書いたんですよ」

と教えてくれた。

たいきの絵は、と探すと。

これ。

新幹線と、、、砂場のおもちゃ?じゃないし。

と首を傾げていると先生が教えてくれた。

「たいちゃん、絵が本当にじょうずですね。大好きなピカチュウの帽子も被ってるし。」

んー。

ああ、たしかに。

黄色くてほっぺが赤くて耳の先が黒い。

あれはピカチュウのぼうしだ。

「新幹線のお弁当箱と、お弁当ですよ。たいちゃん、とにかくお弁当が美味しかったって。」

!!!!

なんとまぁ。

ええと。

おにぎりはちゃんとのりがついてる。

タコさんウインナーと、黄色い卵焼き、緑のきゅうり、赤いトマト。

左上のはあげものかな。

で、右側のなんかギザギザしてる花みたいなやつは、チューリップにしたゆで卵か。

手前の青いやつはおしぼりケースだ。

青いのだ。

あとおにぎりのまわりになんか薄くお弁当箱のふちあたりが二重になってるのは、多分ラップがかかってるのだ。

なんというか。

なんて正確な絵なんだ。

お弁当の記憶、はっきりしすぎてるだろ。

なんとも。

うれしくてうるっとしてしまった。


のはなの髪を切った。

あんまりくるくるしててうっとおしかったからだ。

うっとおしかったというか、うっとおしそうだったからだ。

くるくるのところを切ったらしばらくサラサラかなと思ったら、

根元の方は重さで真っ直ぐみたいになってただけで。

結局頭全部がくるくるになった。

そしてますますかわいくなった。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓