PVアクセスランキング にほんブログ村

大人の階段のぼりおり

日記

たいきが、一人でお風呂に入りたいという。

もう、3回目?くらいだ。

先日一緒に入ったときは

「たいちゃん、ひとりではいりたかったのに。もう、かってにきめないでよね」

なんて怒られてしまった。

で、一人で入りたいというから

「いいよ」

と言ったら、うれしそうにして

『じゃあ、おとうさんはどあのまえにすわってまっててね』

だって。

なんだなんだ。

やっぱり近くにいないと寂しいらしい。

なんか可笑しい。


何かの拍子に、たいきが

『ぼく』

と言った。

そして少しモゴモゴして

『たいちゃん』

と言い直した。

そうかぁ。

もう

『ぼく』

だぁ。

後で聞いたら

『ほいくえんでは、ぼくっていうけど、おうちではたいちゃん』

らしい。

ふーん。

家ではまだ甘えたいけど、外では背伸びしたい、ってことかな。


たいきがお風呂を出てくるのを待つ間、のはなが私の膝に座って一緒に歌を歌ってくれた。

『せんせぇおはよ、みなさんおはよ、ことりがちっちとうたぁっています、おーはよ、おはよ』

上手に歌えるのだ。

音程もいい。

なんだか知らない歌も歌ってくれた。

保育園で教わるのだそうだ。

かわいい歌声を聞いていたら、たいきもお風呂の中から一緒に歌い出した。

たいきにはまだ内緒だけど、歌はのはなの方が上手かもしれない。

風呂場の前でうたうのはな
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓