PVアクセスランキング にほんブログ村

公園に行きたくない

お父さんであること, 日記

何日かサボるとすぐに書けなくなるのがこの日記というやつだ。

まあ、いいんだけど。

今朝は諸般の事情で4時に起きて洗い物だの仕事だのしていて、そのまま六時くらいにはのはなが起きてきちゃって。

なかなかしんどいのだけど。

もう5日くらい何も書いてない気がするのでやっぱりなんか書いとこう、と。

そんな感じ。


とにかく休みの日は、のはなは公園に行きたい。

お父さんは行きたくない。

これははっきりしてるんだけど、まあ、行く。

これはしかたない。

せっかく行くのだからとたいきも誘う。

しばらくたいきは来ないことが多かったのだけど、最近来るようになった。


さっかーしよ。

ぶらんこのりたい。

と同時に言われる。

かけっこしよ。

かくれんぼしたい。

これも同時に言われる。

どっちを我慢させるのも忍びないのだけどどうしようもない。

体はひとつだ。

なんとかご理解いただきながら、時々お休みも頂戴しながら、なんとかご要望にお応えする。


たいきが茂みの中に隠れた。

探してほしそうな顔が見えているのだけど、ちょっと考えて、のはなに探してもらうことにする。

のはなは恐る恐る茂みにはいっていく。

たいきとそこで鉢合わせして、しかしそこで何か面白いことを見つけたらしく

『よし、のはなちゃん、こっちだ!』

『うん!いーよー!』

なんて声を掛け合いながら遊び始めた。

よしよし。

これができるようになるとだいぶ楽かも

と思ったら二人で落ち葉をたくさん拾って来て私に投げつける遊びを始めた。

やられるふりをしなきゃいけない。

ばらばらとちらばる落ち葉がふたりと私の服に大量につく。

そのうち、両手を落ち葉を握りしめたのはながこちらに興奮して走ってきて盛大にこけた。

顔面まで砂まみれ。

おいおい泣きながら、それでも落ち葉を私に投げつけようとする。

見上げた根性だけど、とりあえず顔の砂を払ってやって、服の砂を払ってやって。

痛いの痛いの飛んでいけをしようとしたら、それはたいきがやってくれるという。

のはなはお父さんがいいという。

たいきはむくれる。

のはなは泣く。

。。。。


とにかくまあ、今の所なかなか公園でふたりを放置とは行かないようで。

腰が痛いとかなんとか言ってときどき休ませてもらいながら2時間だか3時間だかいたかな。

こんな幸せな時間があったと、後で思い出せるように書いておく。

行ってるときはしんどくても、きっといい思い出になるんだろう。

のはなにくつをはかせてやってくれる
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓