PVアクセスランキング にほんブログ村

「濃厚接触者に準ずる」の意味

ニュース関連

保育園の関係者で、コロナの陽性が出たのでしばらく休園します、という連絡が来たのが22日(火)。

濃厚接触者がいるので28日までお休みという話だった。

21日に保育園にその陽性の人がいて、7日間は休むということだなと理解した。

まあ、しかたない。


23日祝日を挟んで、24日の今日また電話が来た。

うちの子も濃厚接触者に準ずると自治体に判断されたとのこと。

うん?

濃厚接触者と判断されたわけじゃないらしい。

意味わからん。

濃厚接触者じゃないのに濃厚接触者と同じふるまいをしなきゃいけない?

???

とりあえず「濃厚接触者に準ずる 横浜市」とか検索しても全く情報が出てこない。

厳密に何を要請されていてどういうサポートがあって、何かあったときにはどうしたらいいのか、ということが知りたいのだけど、情報が全く無い。

市役所のWebサイトを見て保健所に電話してみるが保育園のことは区役所に聞けと言う。

なるほどと思って区役所のこども家庭支援課に電話してみたところ、それは市がやってることなので市役所に聞けと言う。

こんな時でも華麗なたらいまわし。

さすがだ。

で、市役所に電話してようやく説明を受けることができた。


要は、死亡の判定を医者しかできないのと同じで、濃厚接触の判定は保健所しかできないことになっているらしい。

ところが保健所は多忙すぎるため市長の指示で大人の対応に集中していて、子供の通う保育園幼稚園のことは事実上見捨てている。

仕方がないので市役所の担当部門と保育園が、通常保健所であればこういう判断の仕方をしているよね、という判断基準に従って、とはいえ素人判断で、濃厚接触者と同様に考えるべき人を選別させられているらしい。

ああなるほど。

「濃厚接触者に準ずると自治体が判断」したと言われていた。

保健所じゃなくて「自治体」と言っていたのはそういうことだ。

なので、濃厚接触者に準ずる、というのは、これはもう濃厚接触者なのだと考えて濃厚接触者に求められる基準で行動してほしいというお話だった。


保育園を保健所の業務の中で切り捨ててるのはありえないと思うけど。

まあ最悪仕方ないとしてもだ。

それならそうと市や区のWebサイトに「濃厚接触者に準ずる人は濃厚接触者と同じですよ」と説明しておいてくれればいいのに、そういった説明は一切ない。

ただ、一応「濃厚接触者に準ずる」とは言われているけれど、じゃあ濃厚接触者のように希望すればPCR検査は受けられるのかとか、そういうことはまったくわからない。

市役所に聞いてもわからなかった。

運用上そういうラベリングが行われてしまうなら当然、本当に厳密に具体的にどこまで「準ずる」のかを明示するべきである。

そうじゃなきゃ、最悪何かあったときに濃厚接触者として病院に対して報告していいのか、そうじゃないのかとかもわからない。

これは大変不安だし、本当に何かあったときには困ってしまう。


ともかく、全国でもこんなあほな運用がされているのかは知らないけれど。

「濃厚接触者に準ずる」というのは一応「濃厚接触者と同じ行動(自主隔離)をしてください」ということらしい。

しばらくは外にも連れて行ってやれないだろうか。

困ったことだ。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓