PVアクセスランキング にほんブログ村

それぞれの節分

ダイエット日記, 日記

節分だったらしい。

保育園にふたりを迎えに行くと、先生が楽しそうに今日のたいきの様子を教えてくれた。

保育室で遊んでいるところに鬼が出現。

そして、先生の手を引っ張って連れ去ろうとしたらしい。

そこで皆が用意してあった豆をまいて撃退。

という予定だったんだけど、そこでたいきだけは敢然と鬼に立ち向かい、つれさられそうな先生の手を掴んで連れ去られないように救出したとのこと。

勇気ある行動に感動したとのことだった。

たいきも誇らしげだった。

ちなみに、助かった先生

「たいちゃーん、助かったよありがとう!」

といってハグすると、他の子達が

『ぼくたちもまめをまいてたたかったよ!』

ということになって、そうだねってなったと。

なんとも平和で優しい世界だ。


風呂で、のはなを膝に座らせて、後ろから体を洗ってやりながら聞いてみた。

「のはなちゃんも今日豆まきしたの?」

のはながうなずく。

「え〜!すごいね!なんていってまいたの?」

嬉々として『おにわーそと』を教えてくれるかと思いきや、そんなテンションでもないらしい。

なんかもごもごしている。

「鬼は〜そと〜、っていうのかな?」

またうなずいた。

後ろからだから表情は見えない。

せっかく覚えたから話したいに違いないと思ったのだけど。

福はうちはどうかな。

「あとはどんなことをいうの?」

またもごもご。

しばらく待ったけど、もじもじしてる。

よし、ここは間違って見せて訂正させる作戦だ。

「福は〜そと〜だったっけ?」

てっきり喜んで『ちがうよ!』って言われるかと思ったのに、またもじもじ。

うーん。

まあ、いいんだけど。

しばらく待っていたらのはながあっちを向いたまま一言。

『こあかった』

ああ。

そうかぁ。

必死で笑いをこらえる。

いやぁ。

しかし。

こいつはお父さんのデリカシーってやつが足りなかった。

「怖かったんだねぇ」

のはなはこちらを振り返った。

ようやく安心した、というような顔。

『えーんえーんってしちゃったの』

「それは大変だったね。怖かったんだね。」

『みんな、えーんえーんって、しちゃった。』

「そうかそうか。それは大変だったね。」

そういって胸元をさすってやると、安心したようだった。

なかなか、2歳位だと節分は大変なイベントらしいぞ。


健康診断を受けた。

106.9kg。

1月はダイエットらしいダイエットはできなかったので怖くて体重計に乗っていなかったのだけれど。

ダイエット開始以来の最低体重を維持できていた。

一安心。

とはいえ血圧も高め。

健康的な体型には程遠い。

保健師さんの保健指導?とやらもうけてきた。

引き続き頑張っていこう。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓