PVアクセスランキング にほんブログ村

最近のあれこれ、ぶたのうたとみかんと朝の風景

日記

たいきは、たいちゃんと呼ばれるのがいやらしい。

たいきと呼んで欲しいと言ってきた。

そういえば、私は当初はちゃん付けで呼ばないことにしていたのだけど、いつのまにかたいちゃんたいちゃんと呼ぶようになっていた。

なんで「たいちゃん」が嫌なのかは知らない。

とにかく本人の意志は尊重しようと思う。


たいきが

『たいちゃんよりちょっとおねえさんのおんなのことぶたのうたがききたい』

と言い出した。

うーん。

何の心当たりもない。

まあ、YouTubeで、子供YouTuberとブタが歌っている歌があるんだろう。

「ごめんね、お父さんはその歌、知らないや」

というと、たいきは怒り出した。

そんなわけはない、という。

『たいちゃんよりちょっとおねえさんのおんなのことぶたのうただよ!』

いや。

同じことを2回言われても。

知らんもんは知らんもん。

それでも、知ってるはずだ、流せ、と盛んにいうのでTVでAmazonMusicの履歴を辿ってみた。

『あった!それ!』

ああ。

なるほど。

これか。

確かに「たいきよりちょっとおねえさんのおんなのことブタのうた」だった。


のはながとにかくみかんが好きだ。

『はーちゃん、みかん、はびたいなー』

そういって小首をこくんと傾げる。

朝7時すぎだ。

私は寝てるのだ。

8時に起きたいの。

私は。

みかんなんか食べたきゃもう好きにしてくれと思う。

だめというと怒るし。

しかし勝手にしろというわけには行かないのだ。

いいよというと

『いっしょにあっちいこーよー』

とキッチンまで引っ張っていかれる。

何しろ、一応手の届かないところに置いてあるのだ。

取ってやると、すぐに自分でリビングに持っていく。

そして、むいてくれという。

ちょっと剥くと手を出そうとするので

「だめだよ。今お父さんが剥いてるの。ちょっと待ってて」

そういうと、意外とちゃんと待ってる。

そうだそうだ。

まだだった。

ぜんぶむけるまでまつんだった。

そんな風に考えているような風。

キラキラした目で、みかんを見つめている。

きれいに剥けると、ぱっと私の手からみかんを奪い取る。

そして

『おさらちょうだい!』

皿に載せて食べたいのだ。

仕方ないのでキッチンに戻って、皿を出してやる。

のはながその皿にみかんを乗せて座って食べ始める。

やれやれ。

もう一回横になろうかなと。

思ったところに、たいきが声をかけてくる。

『おかしはだめだよねぇ』

なんでそういう聞き方なのか。

そんなにだめって言わないと思うんだけど。

とにかくのはなの用が終わるのを待っていたのだ。

「いいよ」

『やった!』

そういって、たいきは一人でキッチンに飛んでいく。

それを見送ってゴロリ。

目をつぶった数秒後にたいきが戻ってくる。

『おとうさん、あーけーて!』

はいはい。

体を起こして、スナック菓子の袋を開けて、たいきに渡してやる。

『おさら!』

はいはい。

皿を出してやる。

さて。

ゴロリ。

『はーちゃん、のどかわいたー』

はいはい。

『はーちゃん、おててふきたいー』

はいはい。

『おとうさん、おちゃちょーだい!』

こっちはたいきだ。

はいはい。

『はーちゃん、ゆーちゅー、みたい!』

はいはい。

『おなかすいた!なにかつくって!』

あー。

あと5分でいいから寝かせてくれ。


そんなこんなで一日が始まるのだ。

2才半
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓