PVアクセスランキング にほんブログ村

のはなに好かれたい

日記

のはなさんがお父さんを好きなのか。

それともあんまり好きじゃないのか。

という問題。


今日はのはなを連れて病院に行った。

ご機嫌で一緒に出かける。

最初はベビーカーに乗らずに歩き始めた。

何も言わなくても手を繋いでくる。

うちの近辺は車はそんなに通らないから、手を繋がなくてもいいやと思ってるんだけど、繋いできてくれる。

それから抱っこだ。

しばらく抱っこしてると、今度はベビーカーに乗りたいという。

そしてそんな風にしながら、のはなはごきげんに話しかけてくる。

『ねーねー、おかーしゃん、おとーしゃん』

いい間違えだ。

『どーぶちゅくいじゅしよ』

「いいよ」

『くーからはじゅまるの、なんだ!』

「んーくまさんかな?」

『しえーかい!』

たいきは2歳半でこんなに喋ったっけ。

とにかくよくしゃべる。


病院では、代診の先生が見てくれた。

年配の女性だ。

「どうですか。」

「だいぶいいように思います。」

「お薬どうします?」

どうします?って言われてもね。

それを聞きたくてきてるんだけど。

「ん〜。。」

口ごもっているとひとこと。

「ママはなんて言ってましたか」

あー。

ちょっと私この先生無理かも。

たいきでものはなでも病院に連れていくのは90%私と自負している。

もちろん奥さんと話し合うし意見は聞く。

でも薬も飲ませるし保育園に連れていくかどうかの判断も一緒にする。

保育園を休むときは仕事だってほぼ休む。

別に、土曜日だからママに言われてガキの使いで来てるわけじゃない。


病院が終わると、公園。

滑り台は一緒に滑りたがる。

ブランコも一緒に乗りたがる。

いや、そういえば今日はそれもひとつ新しくて、ブランコに私に乗れという。

どうするのかと思ったら、のはなが押したいらしい。

それから砂遊び。

色々と作っては食べろと持ってくる。

シャボン玉。

『おとうしゃん、ふーしてごらん?』

わざわざ持ってきてくれる


これが、家でおむつを変えるとか着替えをさせるとか、風呂に入るとか。

そうなってくるととたんに

『おとーしゃんいや!おかーさんがいい!』

これだ。

まあ、いいんだけどさ。

なんだかんだ、今日だって2回は私がおむつ替えたし、風呂だって一緒に入ったし。

でもなんか、もう一歩。

もう一歩好きになってくれないかなぁ。

そんな風に思うのだ。

まあ、いいんだけどさ。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓