PVアクセスランキング にほんブログ村

たいきは「ドレミ」にたどりついた

日記

ピアノの先生が、なかなか四苦八苦しているように見える。

どうにもたいきはなかなか乗り気にならない。

一応、毎週ちょっとずつステップアップしているけど、30分のレッスン時間の大半を、先生が課題曲じゃない曲を引いてくれて終わってる気がする。

気がするというのは、私は教室の中が見えないところに座って待っているので、なんとなく部屋から漏れ聞こえるピアノの音だけを聞いて中の様子を想像しているだけだからだ。


今回の課題は「ド、レ、ミ」だった。

ドレミを、右手の親指、人差し指、中指で弾く。

それだけなんだけど。

まず何回やっても、人差し指でしか弾けない。

弾けないのか弾かないのか。

大人から見ればこんなに簡単なことなのだからやる気があればできる気がする。

そう思って何回もやらせるんだけどだめ。

それでもなんとかしてやってみてもらったら、やっぱりちょっと思ったのと違った。

まず手を「いいね!」の形(サムアップ)にして、ド。

それから、人差し指だけ立てて、レ。

最後は中指だけ立てて思いっきりやっちゃいけない手の形で、ミ。

うん。

確かにたいきは言われた通りのことをやってる。

文句を言いようもない。

レッスン終わりに、先生からも同じような報告を受けた。

「みんなうちのたいきみたいな感じなわけじゃないのかもしれないけど、幼児のレッスンがこんなに大変だと思いませんでした。すみません。ありがとうございます。」

そしたら先生が

「大変ですけど、楽しいですよ。」

あ、そうなんだ。

先生。

正直、マスクをしてるからか表情は乏しいように見えるし、テンションもあんまり高くなくて。

やっぱりいまだになんとなくハラハラしながら見てたんだけど。

楽しいと言ってくれる感じなのか。

急に安心した。


とにかく1曲上がったらポケモンをひとつ買ってやる約束なんだけど。

今日は結局その「ドレミ」は上がらなかった。

のだけど。

今週から始めた約束で、いきなりこけるのも楽しくない。

じゃあ家に帰ったらちゃんと練習するという約束で、今日は特別にポケモンを買ってやった。

で、家に帰ってピアノの前に座って。

「ドレミ、先生はどうやってたのかな」

と聞いてみたら

『えーとね、せんせいはこうやって』

と、手を広げて親指をCの鍵盤、人差し指をDの鍵盤、中指をEの鍵盤に置く。

え?

で、そのまま「ド、レ、ミ」

おお。

できた。

できるとつい

「手は卵を持つ形で…」

なんて余計なことを一言、言ってしまったけど、たいきは華麗にスルーした。

私もうっかり言ってしまっただけなのでそのまま引っ込める。

そんなことは必要になったら先生が教えてくれるだろう。

5回位「ドレミ」を弾いて練習はおしまい。

多分、見たものを消化してアウトプットするのに時間がかかるのだ。

それはそれでいい。

よくできました。


110.8kg。

引き続き頑張る。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓