PVアクセスランキング にほんブログ村

たいきがアイスを取り出すのをのはなはちゃんと待ってる

ダイエット日記, 日記

おかしいなぁ。

22時半くらいには食洗機回して、23時くらいにはジムでエクササイズをはじめて。

まあいつもよりは少し長めにウォーキングしたけど、それにしたって別に2時間も3時間もやったわけじゃなくて、30分を1時間弱に伸ばしただけ。

なのに、終わって帰ってきて風呂はいってPC開けたら25時半だ。

なんか計算が合わない。

まあ、いいんだけど。

昼のうちに1パック7円のティーバッグで淹れたアールグレイのアイスティーが無性にうまい。

114.2kg


のはなはもう、大体お父さんと呼んでくれるようになった。

パパって言ってるときもあるようだ。

しかしまあ、なんとなくまだ舌っ足らずなところはあるので「おーしゃん」と「おとうさん」の間くらいかなという感じもある。

ところが。

先日北海道の遊園地に行ったときのこと。

何だったか忘れたけどとにかくのはなはお母さんに抱っこしてほしくて。

でもとにかく私が抱っこするということで抱っこしていて。

当然のはなは阿鼻叫喚の体で泣きわめく。

もちろん暴れまくる。

そして、なぜか私の下の名前をさんづけではっきりと叫んだ。

まあ、奥さんは私のことをそう呼ぶからなんだろうけど。

それにしても、なかなか衝撃的。

「おとうさん」

よりもはるかに長くて呼びにくいのに。

これからも時々そう呼ばれるのだろうか。


『おとうさん、あいすたべていい?』

たいきが元気に聞いてくる。

「いいよ。自分で出せるの?」

『うん』と返事をするのももどかしく、たいきは冷蔵庫に走っていく。

『はーちゃんもー!』

のはながどたどたと追いかける。

えーと。

のはなには良いよとはいってないんだけどな。

まあ、のはなはだめ、ってわけにもいかないか。

そう思ってみていると、たいきは冷凍庫からちゃんとアイスを2つ取り出して、片方をのはなに渡してやった。

のはなもそうしてもらえるのがわかっているのでちゃんと冷凍庫の手前で控えて待っている。

それから食器棚に行ってお皿を2枚出す。

棒アイスなので食べきれずに溶けてしまうため、お皿が必要なのをわかっているのだ。

それをのはなもわかっているので、ちゃんと食器棚に背伸びして手を伸ばすたいきの横でアイスを抱えて待っている。

なんとも。

ふたりともなんとも賢い。

なんともほほえましい。


明日も良い一日になりますように。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓