PVアクセスランキング にほんブログ村

『ここででちゃったらたいへん』

日記

風呂でたいきの体を洗って、次は頭を洗おうというところ。

『あたまをあらったら、といれいきたい』

え。

「うんちしたいの?」

『うん』

それは大事件。

「頭洗う前にトイレ行こうか」

『うん!』

大慌てで体を拭いて、トイレに行かせる。

お母さんが連れて行ってくれた。

戻ってきたたいきの頭を洗った。

「それにしても、うんちしたいってよく先に教えてくれたね。」

『うん。あのねぇ、おとーしゃん』

「なんでしょう」

『うん、あのねぇ、ここででちゃったら、たいへんだとおもって』

おお。

本当にそうだ。

よくわかってくれた。

助かったよと頭をなでてやるとうれしそうにした。


のはなは薬を飲むのが最近嫌なのだ。

お父さんが飲ませようとすると

『かーかん』

『かーかん、いい!』

といって逃げていく。

うーん。

まあ、それはそれでいいのだけど。

しかし、お母さんが飲ませようとしたところで、素直に飲むわけじゃないのだ。

どうせ無理やり飲ませるしか無いなら、私が飲ませる。

結局、一旦お母さんに渡した薬の入っているコップを返してもらって、のはなを捕まえる。

『かーかん!かーかんいい!かーかん!』

顔を真赤にして泣くけれど、そんなこと言われたってなぁ。

結局お母さんからも逃げちゃうんだから。

飲むときは飲むのだけど。

もうだめなんだよ。

のはなを右手に抱えて、口にコップを当てる。

ぎゃあぎゃあ言っている割にはちゃんと飲んでくれる。

もう、逃げようと思っても逃してもらえないことも知っているし、全部飲むまで逃げられないことも知っているのだ。

ふう。

ここまで来るのもなかなか苦難の道程だった。

とにかくまだ少しせきが出ている。

しっかり治してもらわなければ。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓