PVアクセスランキング にほんブログ村

1才児の後追いにお父さんはどう対応するのか

お父さんであること

のはなの後追いがすごい。

あ、追いかけられてるのは私じゃない。

おかあさんだ。

3日くらい前からいきなりそうなった。

とにかく着替えも、オムツ換えも、ご飯を食べるのも、全部お母さんじゃなきゃ嫌なのだ。


病院にいくとか、保育園にいくとかは、普通にお父さんで大丈夫。

そういうときは抱っこだってちゃんとさせてくれる。

ていうかむしろ抱っこしないとすごく怒られる。

抱っこしてれば、あるいはベビーカーに乗ってても、ご機嫌で行けるのだ。

ところが家で抱っこしようとすると、もうそれだけでダメ。

『やーめーて!』

と言いながら手と首を大きく横にふる。

無理に抱っこしようとしようものなら、触れただけで怒り出す。


うんちのオムツはかえなきゃいけないし、着替えだってしなきゃいけない。

で、のはながお母さん子になったからって、全部お母さんに押し付けるわけにもいかない。

お父さんとしては難しいところだ。

のはなの気持ちは無視できない。

お母さんの意向も尊重したい。

あちらが立てばこちらが立たずということはあるのだ。


まあでも、とにかく全部奥さんに押し付ける、という選択肢はないので、とにかく泣かれようが喚かれようが暴れられようが、やるときはやる。

『かーかんいいー!』

と叫びながらのはなが体をつっぱらかして拒絶するのを、口では謝ったりなだめたりしながら、早い話が無理矢理着替えさせてしまう。

着せた端から引っ張って脱ごうとするし、そもそも着ないしで大変なのだけど、やってやれないことはないのだ。

最後には諦めて、泣きながら抗議はするけど抵抗はしないみたいになってたりする。


もちろん奥さんが全部やってくれれば、それはそれでいい。

少なくとものはなは泣かないですむ。

しかしまあ、そうもいかない。

奥さんにも気持ちも体調も都合もあるのだから。

てなことを考えてるんだよねという話を、都内某所のホテルの一室で夜景を見ながら奥さんに話した。

「やってって言ったら、そうやって無理矢理でもやってくれることがわかってるから、全部やってもいいなとかって思ったりもする」

らしい。

なるほど。

のはなの意向をタテに押し付けられるのはもちろん嫌だし、出来ないなんて逃げられたらムカつくけど、そうじゃない前提ならそういうストレスはなくやれるということか。

まあ、そういうものなんだろう。


そんなこんなを抱えつつ、のはなの主張が強くなったからって右往左往してると、今度はたいきのことがおろそかになりかねない。

たいきはたいきで、お母さんにもお父さんにもまだまだ甘えたいにきまっているのだ。

ふう。

バランスバランス。

そこも含めて、奥さんと相談しながら、二人三脚なのだ。

夕景
夜景
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓