PVアクセスランキング にほんブログ村

同じ絵本を何度でも読まされる

日記

たいきとのはなと三人でお風呂に入って、そのまま三人で寝室へ。

奥さんは仕事で遅いので、このまま寝かしつけだ。

のはなはお風呂に入る前も、お風呂の中でも、お風呂から出た後も

「かーかんわぁ」

と言って泣いたりぐずったりしていたけど。

こういうときは搦め手から。

「のはなさん、たいちゃんと一緒に寝ようか。たいちゃんのこと好きかい?たいちゃんのこと好きな人ー!」

『はーい』

「じゃあ、たいちゃんに声かけてよ。一緒に行こうよって。」

『たいちゃーん、こーよー』

よしよし。

機嫌も良くなった。

ふふふ。

お父さんは知ってるぞ。

お風呂の前から泣いたり喚いたりしてたけど、あなた、お母さんがいなくて泣いてるんじゃないでしょう!

ずばり!眠たいんでしょう!

暗がりでゴロンと寝かせてしまえば一瞬で寝るに違いない。

たいきとのはなと連れ立って寝室に向かう。


三人で奥さんのベッドに乗って、プロジェクタのお話絵本を見せようかと思ったら、のはなが絵本を持ってきた。

おお。

それは。

名作、ねないこだれだ、じゃないですか。

「読んでほしいの?」

『うん』

むこうでたいきが読みたそうにしている。

この絵本は、たいきに本当に何回読んでやったかわからないし、YouTubeでも何回も見ていた。

たいきは読めるのだ。

「たいき、のはなに読んであげてくれる?」

『いいよ!』

たいきが喜んで絵本を手にとった。


のはなも大好きなたいちゃんが読んでくれると言うので大喜びだ。

『とけいがなりましゅ、ぼーん、ぼーん、ぼーん、こんなじかんにぃ、おきてるのはぁ?だれだぁ〜〜〜?』

私が読んでやってたときの口調そっくりなのが嬉しい。

しばらくスマホをいじっているあいだに、たいきが何回か読んでくれた。

そして、たいきがこっちに来た。

『おとーしゃん、もうごかいもよんだのにのはなちゃんがもっとよんでほしいって』

辟易したという口調だ。

思わず笑ってしまう。

そうでしたよ。

君も。

何回読んでも

『もういっかい!』

ってね。

懐かしいなあ。


選手交代して2回読んで、それからプロジェクタのお話絵本を見せたら、のはなはそのまま眠った。

良かった。

やっぱりどうせ寝るなら泣きながらとかじゃないほうがいい。

その後たいきはたいきでわちゃわちゃしたけど、こちらも楽しく寝られた。

ふたりともいい夢を見てね。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓