PVアクセスランキング にほんブログ村

足し算から掛け算への進化の瞬間

日記

『いんせきがおちてきてきょうりゅうがぜちゅめちゅしたのって、にねんまえ?』

えーと。

二年前じゃないことはわかるけど、正確にはどのくらい前だったっけ。

たしか6000万年とか。

そんな感じだったか。

「いや、もっと前だよ」

『しゃんねんまえ?』

「いやいや、もっともっと前だよ」

ここで6000万年とか1億年とか、言葉を教えてもいいのかもしれないけど。

それを教えたところで、その意味もわからなければ数字の大きさのイメージも持てないだろう。

どうしようかなぁ。

などと考えながらとりあえず「もっともっと」を繰り返して適当に流す。

『ごねん、じゅうねん、じゅういちねん、、、』

まだまだ。

『にじゅうねん、さんじゅうねん、ごじゅうねん』

もっともっとだ。

『ごじゅういちねん、ごじゅうにねん、ごじゅうさんねん』

まーだまだ。

もっともっとだよ。

と言った次の瞬間、たいきが

『ごじゅうがひゃっこくらい?』

びっくりしすぎて思わず笑ってしまった。


なるほど。

こうやって人類は、足し算の冗長さに倦んで掛け算を思いついたのか。

ええと。

いまたいきは100まではカウントアップできる。

実際、160くらいまではひとつひとつ数え上げることができるようだけど、まあ概念としては100がひとつのたいきがある程度その量を把握し、理解できている数字の区切りだろう。

だから、うまくいえないけど、50が100個、というのはたいきが理解できる、ありは表現できる一番大きな数字の概念なのだ。

多分。

100×100だとちょっと荷が重いんだろう。

えーと。

50が100個で5000でしょ。

それが100個で50万。

うーん。

さらにそれを100個でようやく5000万かぁ。

あ、ちなみに5000万と6000万は同じなので、わざわざ6000万を説明しようとは思っていない。

50X100^3を説明しようと思ったけれど、これはやっぱりたいきの理解の限界を超えているはずなので、まだいいや。

「50を100個集めたやつが、1万個集まったくらいだよ」

『いちまんー?』

「そう。1万。百が百個集まると1万」

『ふーん』

まあ、いい。

1万という大きな数字があること。

50が100個とか、100が100個とか、そういう考え方があること。

この2つだけでもすでに頭はオーバーヒートだろう。

『けっこうむかしだよね!』

おお。

ざっくりした結論にたどり着いた。

それでいい。

「そうだね。すごく昔だね。」

たいきは納得したらしくて、その後はポケモンクイズになった。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓