PVアクセスランキング にほんブログ村

断乳旅行…???

日記

我が愛する麗しの奥様は、今日からご旅行。

のはなはお母さんと24時間以上離れるのが初めてなので、ちょっとドキドキする。

まだ断乳もしてないわけで。

なんだったら断乳してから行ってくれればいいのにと思ったのだけど。

よく考えたら、おっぱいを上げるのはお母さんかも知れないけど、断乳はお父さんでもできるのだ。

そういえば、たいきだって断乳のときはお父さんと寝て乳を断つというやり方だったような気もする。

ちょうど禁煙してるから、なんとなくおっぱい飲めない気持ちもわかるような気もしてシンパシー。

というわけで、奥さんを送り出した。


保育園から帰ってきて、ごはん。

もうね。

奥さんがいないと、ご飯なんて作る気には全くならない。

というわけでコンビニでそれぞれ食べたいものを買ってきて、パーチー。

うむ。

よく考えたらこれは、葛城ミサトさんによるシンジくんの歓迎会と同じスタイルだ。

素晴らしい。


いつもより1時間ばかり早くお風呂に入って。

いつもより30分以上早く奥さんの寝室の布団に入る。

天井に映すプロジェクターでお話絵本をいくつも見て。

まあ、一向に寝る気配にならない。

のはなだけでも寝てくれないかと思ってのはなの隣に添い寝しようとしたら、すごい勢いで怒られた。

怒って、叩いて、押し出そうとする。

どうやら「そこはお母さんの寝るところであなたの寝るところではない」ということらしい。

うへぇ。

なるほどなぁ。

添い寝は諦めて遠くにごろりと横になったら、今度はそこにのはながやってきて腕枕で寝転がる。

おやおや。

このまま寝るかなと思いきや、別に眠ってくれるわけではなかった。

なんだかんだ30分以上見て、だいぶ22時に近づいてしまったので音楽に切り替えた。

いつものポータブルスピーカー2台を奥さんの寝室に設置。

いつもと趣向を変えて、今日は平井堅の「大きな古時計」。

これを大音量で流して、しかも私も一緒に熱唱。

なんと。

のはなはこの環境で寝た。

寝るんだなぁ。


たいきもおとなしくしてるので、今度は福山雅治「桜坂」。

しばらく歌っていると、たいきがムクリと起き上がった。

『…おとーしゃん』

ごめん。

今お父さん、ちょっと福山中なんだ。

『おとーしゃん。おとーしゃん!』

聞こえないふり。

『おとーしゃん!!!』

もう。

しょうがないなぁ。

「どうした?」

『たいちゃんね、このきょくしゅき』

お、おお。

センスいいな。

で、引き続き「家族になろうよ」を熱唱。

そろそろいいかなと思ってバッハのコラール「目覚めよと呼ぶ声あり(パイプオルガン)」。

この曲は題名は「目覚めよ!」みたいなタイトルだけど、寝るのに丁度いい。

「G線上のアリア」にうつるタイミングで、たいきの深い溜め息も聞こえてきた。

眠りが深くなる合図だ。


で、リビングに降りてきて、これから部屋の片付けと洗い物。

明日の朝ごはんの準備。

明日は多分、天気が悪くなければ上野公園に二人を連れ出すことになる。

そういえばのはなは、いつもなら帰宅直後、ご飯直後、風呂直後、寝る前とおっぱいのタイミングがあるのだけど、今日はおっぱいと言わなかったし泣きもしなかった。

このまま何事もないと、なんとなくむしろお母さんが帰ってきたときにはナチュラルにまたおっぱい飲みそうな気もする。

まあ、それはそれでいいか。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓