PVアクセスランキング にほんブログ村

1歳半は誰がなんと言おうと一番可愛い時期

日記

のはなの可愛さに拍車がかかりまくっている。

つぶらな瞳。

整った顔立ち。

舌っ足らずで、何言ってるか全くわからないおしゃべり。

愛くるしく笑ったかと思えばおどけてみせたりもする。

もう、そういうところはいっちょ前だ。

いわゆる一番可愛い時期ってやつか。

筆力がたりなさすぎて全然可愛さが伝わらないのがくやしい。


のはなはお母さんとおふろに入りたい。

リビングで然るべき時間にお父さんが服を脱ぎ始めると、ちゃんと察してお母さんのところに逃げる。

知らん顔をする。

「のはなさーん、お風呂はいろ」

なんて声をかけても聞こえないふりだ。

何回か声をかけると、こちらも見ずに首を振ったりする。

しかたないので技を使う。

「たいちゃんのこと好きな人〜」

『はーい』

のはなが手を挙げる。

「たいちゃんと一緒にお風呂入りたい人〜」

『はーい』

「たいちゃんとお風呂に入る人〜」

『はーい』

これでいっちょ上がりだ。

あとは多少嫌がっても服を脱がせて

「たいちゃんも一緒に入るよ。たいちゃんに一緒に入ろって言って」

なんていうと

『たいちゃーん、あいよー、おーい』

なんてたいきに手を振りながら声をかける。

あいよーは、多分はいろーだ。

もう、興味はお父さんでもお母さんでもなく、たいちゃんが一緒に入ってくれるかという一点に集中している。

とにかくのはなはたいちゃんが大好きなのだ。


お風呂に入ったら入ったで、別に二人一緒に遊ぶわけではない。

なんだかめいめいにおもちゃで遊んでいる。

それがなんともおかしい。

あんなに一緒に入りたいといったのに、と思う。

まあ、それでなにか困るかと言うと何も困らないので全然構わないのだけど。

お風呂から上がるとまた、たいちゃんと一緒に寝たいと言って泣いたりするのだ。

で、たいきが寝る私の部屋に来ると、今度はお母さんがいないと言って泣いたりする。

なかなか難しいお年頃になってきた。


今週末から来週頭にかけて奥さんが旅行に行くらしい。

のはなはお母さんと離れるのが始めてだ。

ちょっとドキドキする。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓