PVアクセスランキング にほんブログ村

入場者5000人のディズニーランドは最高すぎる(注意:美女と野獣の新アトラクション『魔法のものがたり』ネタバレ写真あり)

ディズニー, 日記

(記事末尾注意喚起の文言の後に、美女と野獣の新アトラクション『魔法のものがたり』のネタバレを含む写真が掲載されています)

ディズニーランド。

最高だった。

のはなは、えーと、3回目かな。

たいきのディズニーデビューは2歳半だったことを考えると、1歳半で3回目はずいぶん早い。

今、ディズニーランドは一日の入場者数を5000人におさえているらしい。

5000人だよ。

衝撃。

雨降ってる平日でも2万人ぐらい入るのだ。

5000人なんて、誰もいないようなものだ。

朝10時から19時までの営業だけど、子連れの我々にとっては何の問題もない。

どうせ早朝から行く体力も、深夜まで遊ぶ体力もない。

すべてのアトラクションが5分待ち以内。

ていうかほとんどのアトラクションが待ち時間ゼロ。

こんなのディズニーランドじゃない!と叫びたくなるような状態だった。


たいきは随分色んなアトラクションに乗った。

もちろん、一番最初はイッツ・ア・スモールワールドで、ここには最後にも行った。

お母さんと一緒にバズのアストロブラスターに3回ぐらい。

スプラッシュマウンテンも多分3回か、4回か。

ひょっとしたらもっとかも。

ガジェットのゴーコースターも何回か乗っただろう。

あとは家族みんなでティーパーティやらカルーセル(メリーゴーラウンド)やら。

ウェスタンリバー鉄道にも乗ったし。

もう、全部で何回のったか数えられないくらい。

お分かりいただけるだろうか。本当に誰もいないのである。

待ってる間、のはなはのはなでポップコーンのスーベニアバケットを引きずってあちこち歩き回ったり、あれこれ触って回ったり、なんだかんだ楽しそうに過ごしていたのだけど。

待たせている方はなんか申し訳ないみたいな感じになったらしく、別行動しようかとなって。

とりあえず私の一番好きなカントリーベアシアターに連れて行った。

しかし、ヘンリーが出てきたところで

『かい、かい(こあい?)』

と言い出して、私にすがって手を振り始めた。

泣くわけじゃなかったけど、どうも楽しそうじゃない。

たいきは初めてのときから楽しそうにしてくれたんだけどなぁと思いながら、抱っこして途中退場。

ちなみに私達が劇場を出ると、劇場に残ったお客さんは3人。

くまのほうが圧倒的に多い状態になった。


のはなはカルーセルがとにかくお気に入りらしい。

これに乗りたい!と言うので連れて行く(もちろん待ち時間はゼロだ)と、木馬を物色。

ちゃんと、この馬がいい、というのがあるのだ。

そして気に入った木馬にまたがって満面の笑顔。

一回終わると、今度はあっちの木馬がいい、と言い出す。

連続してそのままは乗れないので、一旦出てまた入口に行くけど、さすがにその間に次の回は始まっちゃうので、少し待ってまたすぐ乗る。

何回乗ったかわからない。

意外と大きいのがいいとか、何色がいいとか、決まっているものでもない。

緑のやらオレンジのやつやら、とにかく色々乗った。

ティーパーティのティーカップも大喜びだった。

満面の笑顔。

なんの屈託もない。

これぞ、天使の笑顔だ。


そうそう。

ディズニーランドホテルのロビーで、のはなに買ってやったばかりのミニーのぬいぐるみを落としてしまった。

部屋に入ってかなり経ってから気づいた。

今日ボンボヤージュで買ったばかりのピンクの服のいくらのミニーちゃんで、もともとは安全ピンがついてたんだけど危ないのでそれは取ってあって、とフロントに奥さんが説明して。

見つかるといいなぁ。

見つかるかなぁ。

どうかなぁ。

と、二人で不安な顔を見合わせていた。

しばらくするとフロントから電話がかかってきた。

多分それだと思われるものがありましたのでお届けします、と。

あ。

いや、まあね。

ディズニーランドホテルのロビーに落ちてるミニーのぬいぐるみを持っていっちゃう人もいないだろうとは思うけど。

その電話をもらって

「あったって!」

という喜びの報告を奥さんにした瞬間に、ふたりとも同じ顔になった。

多分、これはかならず見つかることになってるんだろう。

だってここは魔法の、夢の国の公式ホテルなのだ。

見つからないわけがない。

そういうところなのだ。

今回買ったTシャツ

個人的には、多分奥さんにとっても、今回の最大の目玉、ハイライトは美女と野獣の新アトラクション。

もう、感動感動。

あえて言えば、ちゃんと2時間ぐらい待って乗りたかった。

アトラクションに並ぶエリアの作り込みがすごい。

野獣の城の名シーンがそこかしこに再現されている。

そこをあっという間に、5分くらいでさーっと歩いていってしまうのだ。

なんともったいない。

そして、何より一番感動したのは、ベルと野獣のダンスシーンのダンスホールの天井画とシャンデリア。

ディテールまで覚えているわけではないけれど、おそらく完璧に再現されている。

あの、当時はアニメ映画で珍しかったCGを駆使して描かれた感動的な光景がそのままそこにあった。

あとはもう、このパートいくら時間があっても足りないくらい書きたいことがあるけど、趣旨が変わってきてしまうので、あとは写真だけアップしておくことにして、今日はおしまい。

(以下はディズニーランドの新アトラクション、美女と野獣『魔法のものがたり』のネタバレ写真を含みます。閲覧注意。)

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓