PVアクセスランキング にほんブログ村

うちの次男坊

お父さんであること, 子育てを考える, 日記

たいきは、べーん!とか、ばしーん!とかいって、私のことを打ってきたりする。

うんちー!うんちー!うんちー!なんて叫びながら道端でゲラゲラ笑っている。

変な顔をしておどけてみせたり、おかしなダンスを踊ったり。

とにかく明るい。


幼稚園なんかに通っていた頃私がどういう子供だったのか、私自身には記憶がない。

しかし、なんとなくだけどもう少しおとなしかったような気はする。

わからないけど。

一方で、私の記憶の中の幼かりし日の弟は、まさにこんな感じだった。

おかしなことを言って、おどけて見せて、ゲラゲラ笑って。

たいきを見ていると、顔が弟にそっくりなこともあって、昔の弟を見ているようでとても懐かしい気持ちになることがある。


私はたいきが生まれたとき、長男みたいに育てたくない、と思った。

できれば次男みたいに育てたい、と。

長男はこう、次男はこう、と世の中をざっくり決めつけるのは良くないかも知れないけど、まあそれはそれとして。

語弊があるなら、私みたいに育てたくない、弟みたいに育てたい、でもいい。

一番上の子というのは、どこか無駄にいい子だ。

そして、どこか親の顔色を伺っているようなところがある。

なんというか、屈託があるのだ。

それがなるべくないように育ってほしいと思ってきた。

のはなが生まれてからは、ますますそのことに気をつけてきたつもりだ。

親の顔色を伺わせないように、我慢させないように、理不尽に叱らないように。


残念ながら、たいきはとてもいい子だ。

本当に残念だ。

色んなことで気を遣ってくれるし、我慢もしてくれる。

空気だって読んでくれることは多い。

もっともっともっともっと、わがままに生きてほしい。

そう思うことも多い。

しかし一方で、冒頭書いたように屈託なくくだらないことを言ったり笑ったり。

そういうことも開け広げにできるようでもある。

たいきがそういうことをしている顔を見ているとき、思うのだ。


まだ大丈夫。

たいきはまだオレみたいにはなってない。

まだ大丈夫だ。

たいきはオレより自由に生きられる。

このまま。

このまま。

と。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓