PVアクセスランキング にほんブログ村

森喜朗会長『引責』辞任はおかしい

ニュース関連

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が辞任するという。

これを「引責」辞任と毎日新聞が報じているようだ。

毎日新聞記事リンク

しかしこれはおかしい。

引責というのは辞書を引くと

[名](スル)責任を自分の身に引き受けること。責任を取ること。「引責辞職」

デジタル大辞泉

とある。

「引き受ける」だ。

これは、自分の責任じゃない(かもしれない)ことの責任を取るから「引き受ける」となる。


例えば、社員が不祥事を起こしたときに社長が引責辞任したりする。

もちろん会社のことには社長が全責任を負うのだ、ということはあるけど、それはそれとして、これを引責と呼ぶのは違和感はない。

あるいは、野球チームなんかの監督が成績不振のために引責辞任したりする。

もちろん球団のGMやら選手やらコーチやらにも責任はあるに違いないけど、そういう人たちに責任を押し付けず、自ら一身に責任を負うから「引責」だ。

引責というのはそういうことだ。


森喜朗が自らの舌禍で責任を取るのは引責でもなんでもない。

ただただ自分一人で責任を取るべき事件を起こして、その責任を自分で取るだけだ。

こういうのは引責辞任とは呼ばないのだ。

週刊誌や個人のブログならともかく、新聞社にはせめて正しい日本語を遣っていただきたい。

【関連】

森喜朗元首相が嫌いなわけ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓