PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり育児で一番興奮するのは寝かしつけだよね

日記

今日は「大きな古時計」だった。


奥さんが、のはなの寝かしつけの前に風呂に入るという。

「なんなら寝かせといて」

自信はない。

しかし、そういわれると俄然やる気は出る。

ここ数日一緒に寝てるからなんとかなる気もする。

ならなければならないでいいのだけど、やっぱり男として生まれたからには奥さんに「寝かせといて」と言われたらご要望にはお応えしたい。

興奮してきた。


たいきとのはなを連れて寝室へ。

たいきはさっさと布団に入ってくれた。

早速『ばっはがいい』というので、例によって例のごとくジャンドロンの無伴奏チェロをかけると満足そうに目をつぶった。

のはなもあっちに横になっては布団を引っ張り、こっちに横になっては布団を引っ張りして、盛んにたいきの真似をする。

しかし寝る気があるやら無いやら。

そうこうしてるうちにすっころんで頭を壁にぶつけて泣き出した。

抱っこしてよしよし。

きっかけはなんであれ、目をつぶるともう開かない。

眠たいことは眠たいのだ。

しかし寝落ちを拒否するように声をあげ続ける。

「歌を歌ってあげようか?」

のはなが、うん、とうなずいた。

「あんたがったどっこさ」

のはながこちらを向いて、手とかぶりを振った。

今日はこれじゃないらしい。

なんにしようかなぁ。

「おーきなくりのーきのしたでー」

のはながおとなしくなった。

しかし、短すぎるし寝るテンションとは何か違う。

歌い終わって今度は

「おーおーきなのっぽのふるどけいー」

引き続きおとなしく聞いてくれている。

バッハに被せて歌うのはなかなか大変なので、バッハの音量を落としてみたけどたいきもなにも言わない。

これでいこうと、何回か歌ってるうちに、私の膝の上で寝てしまった。

たいきも一緒に寝てしまった。

意外とあっさり。

二三日寝かしつけをしたので、のはなも私と寝ることに慣れてきてくれたらしい。


なんか、寝かしつけができるのは楽しいし嬉しい。

子育てしてるなぁって感じでテンションも上がる。

奥さんに少しでもゆっくり寝てもらえるから一石二鳥だし。

やっぱり、私は育児のなかで寝かしつけが一番好きだ。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓