PVアクセスランキング にほんブログ村

久しぶりにのはなの寝かしつけができた

日記

奥さんの具合が悪い。

風邪。

せきがつらそう。


たいきとのはなを風呂に入れて、おやすみの時間。

大体21:30。

いつもはここで私がたいきを寝かしつけて、のはなを奥さんが寝かしつけて。

22時過ぎか、23時前くらいに奥さんは風呂に入る。

しかし、とにかく奥さんに早く寝てもらいたい。

いつもは右と左に別れるお互いの寝室の前で、のはなに声をかけた。

「のはな、今日はこっちにおいで。」

奥さんがいぶかしそうな顔でこちらを見た。

「どうせ30分くらい寝ないもん。遊ばせとくよ。先にお風呂入ってきて。」

そうなのだ。

寝かしつけって言ったって、のはなはここから寝室に行った後、ひとしきりおっぱいをもらった後できゃあきゃあ言っている声が毎晩聞こえてくる。

奥さんだって二時間も三時間も風呂に入るわけじゃない。

今から風呂に入って出てきてから寝かしつけたって、どうせ同じなのだ。

奥さんもさっとそれを理解してくれて

「わかった。じゃあ、おふろはいってくるね。」

よし。

勝負はここからだ。


とにかく、寝るのだ、という雰囲気を少しでも出したらのはなは泣き始めて手がつけられなくなる。

まずはおもちゃあそび。

しかしこれをやっている限り絶対に寝ない。

私としては、奥さんが出てくるまでに寝かしつけておきたいのだ。

ひとしきりおもちゃで遊んだら、今度は絵本。

おもちゃで遊んでいるのはなが興味を引くように、

「あれ?これなんだ?これなんだっけ?たいき!」

なんて、たいきと絵本を読んで見せる。

名作、しろくまちゃんのほっとけーき、わかやまけん作、だ。

うまい具合にたいきが

『おおきなおさら!』

『ふらいぱんでしょ!』

なんてちゃんと答えてくれる。

のはながこちらに来て私の膝に座った。

よしよし。


2回読んだら、たいきが、眠いと言い出した。

布団に入る。

私も一応、横に寝転がって頭をなでてやる。

やはり雰囲気を見てのはなが泣き出した。

これは、泣かせていいところ。

そろそろ時間的には眠いし、絵本を読んで眠くなっているのはのはなも同じ。

泣き声も強くないし、何より目が開かなくなってきている。

座り込んで泣いているのはなに、

「寝なくていいよ。お父さんが歌を歌ってやろうか」

というとうなずいて近くに来た。

私に寄りかかって座る。

ここからだ。


「おーきなくりのー…」

のはなが振り返っていやいやと手を振った。

「ゆーりかごーのーうーたを…」

またのはなが振り返っていやいや。

「ゆーやーけーこーやーけーで…」

またのはなが振り返っていやいや。

「あんたがったどっこさっひーごさっひーごどっこさっ」

のはなが体を揺らし始めた。

これがいいらしい。

3回目くらいでたいきの寝息が聞こえてきた。

さらに歌い続ける。

7回目くらいで、のはなが寝転んだ。

さらに歌っていると、下階からかすかに物音が聞こえてきた。

奥さんが風呂から出たのだ。

のはなにそれが聞こえないように少し声を大きくする。

のはなは奥さんが入ってくるであろうドアの方を見つめながら聞いている。

しかし、目は閉じたり開いたり。

もう少し。

奥さんが上がってくるのが先か。

寝落ちが先か。

そして、勝利のときは訪れた。

奥さんがドアからこちらを覗き込んで、びっくりした顔をしていた。

そりゃそうだ。

私もびっくりした。

何しろのはなを私が寝かしつけるのは、恥ずかしながら実に数カ月ぶりなのだ。


のはなも鼻水は出ている。

息苦しそうだから、まあ、しばらくしたら起きるだろう。

しかし、奥さんは薬を飲みたいのだけど、飲んだら3時間は授乳できないんだよねと悩んでいたので、それも飲んでもらった。

3時間って、今22時半だ。

3時間後なら1時半。

たとえ23時とか23時半とかにのはなが起きたとして、1時半まで抱っこしてればいいだけだ。

夜中の2時に起きておっぱいが飲みたいと泣きまくるたいきを1−2時間抱っこしてたことだって何回もあるのだ。

最近やってなかったとはいえ、できないわけはない。

あやすくらいあやすし、泣き続けるならそれはそれでいい。

根気よく付き合うまでだ。

と、なんかかっこよさげに言ったけれど、風邪引いてる奥さんに薬飲んで寝てもらうなんて当たり前のことだし、のはなの夜泣きに付き合うのも当たり前。

これくらいやらなきゃバチが当たるというもの。


まあ、起きずに寝てくれてたらそれに越したことはない。

なるべくなら、朝まで眠っててくれますように。

二人とも私の横で寝たいということで、こうなってしまった。のはながたいき蹴りませんように。

(当然、いま(23時過ぎ)、起きた)

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓