PVアクセスランキング にほんブログ村

奇跡のぎゅう

日記

保育園の帰り。

もうのはながベビーカーに乗ってくれない。

しかたなく、抱っこ。

もう、こうなることはわかってるから薄着でお迎えに来ている。

厚着だと力がうまく伝わらなくて大変なのだ。

当然寒い。

歩いてもらうのもダメじゃないけど、今日はたいきのお友達も一緒だから無理。

のはなが歩くと彼らとペースが合わないのだ。

ずーっと抱っこしてると本当に重い。

左手一本に全体重がのってくる。

ぎゅうっと抱きついてくれればいいのだけど「のはなさんぎゅーってして」と言っても大体いやいやされるか、一瞬ぎゅっとして終わりかだ。

寒くて重い。

くそう。

こういうときこそ、泣き言をいわない。

「お父さんはのはなさんが大好きだよ」

すると、奇跡が起きた。

のはなが嬉しそうに笑ったかと思うと

『ぎゅ~』

といって抱きついてきたのだ。

ずっとのはなとやってきた遊び。

ぬいぐるみでのはなに

「のはなちゃん!しゅきしゅきー!ぎゅー!」

と話しかけて抱きつかせる遊びの真似だ。

しかも、長い。

こうなると抱っこも楽チン。

しかも暖かい。

しばらくこれで行こう。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。

ブログをメールでフォロー ↓ ↓ ↓