PVアクセスランキング にほんブログ村

最後の日(ごろーんで洗髪)

日記

もう、かなり前から悩んでいた。

いつまでたってもたいきの頭を洗うのに、たいきを膝の上に寝かせて、顔に水がかからないようにしながら洗ってやっていたのだけど。

のはなは最初から頭にシャワーをぶっかけるスタイル。

たいきはどうしても「ばしゃーん」が無理。

しかしもう4才。

3才の時から「4才になったら」って言ってたのが、誕生日も過ぎてしまい「ハロウィンを過ぎたら」とも言っていたのだけど、それも過ぎてしまった。


昨夜は奥さんがたいきと一緒にお風呂に入ってくれて、とうとう「ばしゃーん」で頭を洗ったらしいということで、今夜から私もと心に決めた。

決めたはいいけれど、とにかくたいきは拒否。

「今日からはもうごろーんでは頭洗わないよ」

と言ったが最後、風呂場の一番向こう側に座って、近寄ろうともしない。

「だってもう、だいぶお兄ちゃんになっちゃったからさぁ。もうごろーんでは洗えないんだよ。」

とにかくできないの一点張りで根競べ。

「おとうしゃんずっといじわるだからきらい」

「もうおとうしゃんとはでぃずにーらんどにもいかない」

「おとうしゃんはくまもといくのもきんし」

「おとうしゃんがつくったごはんはたべない」

とにかく色んなことを言う。

でもどうせ、いつかやらなきゃしょうがないのだ。

ひたすら根競べして、とうとう洗うことに成功した。

たいきは泣きながら

「おかあしゃんはこれ(茶色いタライ)でばしゃーんしたけど、おとうしゃんはこれ(茶色いタライ)はいっかいだけ!あわあわしたらこっち(白いタライ)でにかいだよ!」

と、よくわからないけどまあ受け入れ可能なルールをその場で決め、私はそれに従ってたいきの頭を白いタライで洗い流した。

やってみれば呆気ないもの。

明日からはこれで行くんだろう。

たいきが生まれて1500日くらいだから、多分たいきの頭を膝の上で洗ってやったのは700回とか、800回とかかなぁ。

一昨日がその最後の日だったというわけ。

そう思うと、なんかさみしいなぁ。


4才と言えば、ひとによってはそろそろ一人でお風呂入らせたりもするらしい。

それも少したいきに言ってみた。

「そろそろたいきも一人でお風呂入れるかな」

たいきは泣き出してしまった。

『たいちゃんはまだこどもだからしゃみしいよ。こどもがひとりでおふろにはいってると、おばけのせかいへとんでいけーってちゅれていかれちゃうんだよ』

そうかそうか。

まさか泣くとは思わなかった。

申し訳ない。

ひとりでお風呂、はしばらくお預け。

なんとなくほっとする。

まだまだたいきと一緒にお風呂には入りたい。

どうせまだまだのはなとも一緒に入るのだし。

いつか、これも最後の日が来るにせよ、今じゃなきゃいけない理由は何もない。

もうしばらくたいきに甘えさせてもらおう。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。