PVアクセスランキング にほんブログ村

おしっこもれた

日記

「おとーしゃん、おしっこもれた」

雨のお迎えで、のはなを抱っこひもで抱っこ、たいきの手を引いて傘をさして、ようやく家について、玄関から上がったところでご報告。

のはなをまだ抱っこひもで抱っこしてるままなので手も足も出ない。

お母さんを呼んで対応してもらった。


たいきは保育園ではもうおむつをはいていない。

ここ数週間くらい、おむつが減らないなとは思っていたけれど。

先日ついに、先生からおむつはもう使わないので持って帰ってください、と言われた。

コロナで自粛だのなんだのあった中でもちゃんと成長しているのだ。

しかし、それはそれとして。

2週間くらい前からだろうか。

毎日じゃないけど、保育園からおむつをはかずに帰ってくるようになってから、帰宅直後におしっこをもらすようになった。

トイトレ用の分厚いパンツをはいているとはいえ、場合によってはズボンや床もおしっこまみれになる。

おかげで最近トイレの前の床がきれいになった。

しょっちゅう拭くからだ。


おもらししたからって私も奥さんも怒ったり馬鹿にしたりすることはないけれど。

それでもおもらしが続けば自信もなくなるだろう。

計画的におしっこをさせてやるようにしなければ。

保育園を出る前に一度トイレに行くようにしようかなぁ。


夜、のはなの寝かしつけが終わると、たいきが

『だっこして』

というので、座ったままではあるけれど抱っこしてやった。

「たいき、今日もお父さんは怖かったかなあ」

『たいちゃん、おとーしゃんのことちょっとだけしゅき』

ちょっとだけ(笑)

まあいい。

抱っこしてって言って、自ら抱っこされに来て、そのまま眠ろうとしているのだ。

信頼はされていると思いたい。

もう少し、お父さんも好きだよ、くらいはいってもらえるようにがんばりたい。

床で寝ることもある
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。