PVアクセスランキング にほんブログ村

仰げば尊しトミカの恩

日記

日曜日の朝に、「トミカ絆合体アースグランナー」をやっているのを見つけた。

今まではYouTubeの動画で見るばかりだったけれど、先週くらいからTVでも見るようになった。

たいきは目を輝かせてみている。

OPテーマ曲やEDテーマ曲の時には、画面の前まで行ってキャラクターを指さしながら

『これはらいがだよ!こっちはくうが!』

とか

『これはさーべるとみかできいろいのはさーべるさんだーとみかだよ!おとーしゃん!みてる!』

等々、一生懸命説明してくれる。

夢中なのだ。


YouTubeに出ている動画は少ないらしく、YouTubeのアースグランナーの動画は、たいきは見ながら一緒にセリフを言っていたりする。

覚えてしまっているのだ。

戦いごっこをしても「がおぐらんなー!」とか「いーぐるすとりーむ!」とか叫んでいる。

「おれにかなうとおもうのか!」とか「いまのうちだ!」とか「これでもくらえ!」とか絶叫しながらかかってくる。

実に実に楽しそうだ。


なんとも、ありがたいな、と思う。

4歳児がこんなにも目を輝かせ、夢中になれるものを、胸躍らせるようなものを、お父さんは作れない。

そういうものを、お父さんやお母さんに代わって、タカラトミーの人たちが作ってくれているのだ。

それを見たたいきが、こんなにも幸せそうに楽しそうにしている、ということがどんなに尊いことか。

たとえ近くのコンビニの陳列棚の足元、ちょうどたいきの目に入る位置にたくさんのトミカが並んでいて毎日のようにそれを買ってくれとねだられようが。

たとえ羽田空港で急いで保安検査場を通らなきゃいけない時に、字が読めるわけでもないたいきが二階に大きく書かれた「トミカ」の字を見つけて「あそこにとみかがあるよ!」と興奮してしまって、困り果てることになったことがあろうが。

タカラトミーのトミカには、すでに返しきれない恩があると思うのだ。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。