PVアクセスランキング にほんブログ村

三才児の性教育

子育てを考える, 日記

そろそろたいきの性教育を始めなければ、と思っている。

もちろんセックスについて教えるとか、そういうことではない。

自分の体のプライベートゾーンに無闇に触られるのは不当なことであること、人の体のプライベートゾーンに触れてはならないことを教えるということだ。

早いようでもあるけれど、このくらいの年で何かに巻き込まれたり、逆に加害してしまったりという事件も目にしたことがあるので、おろそかにはできないと思う。

しかし、どうやって教えようかなぁ。

さわっちゃだめ!はいいけど。

触っちゃいけない理由を3歳児にどう説明したものか。

まあ、とりあえず触っちゃダメということだけでも伝えておこうか。


というわけで、お風呂だ。

もちろん全身洗ってやる。

いつも通りだ。

今日はたいきは転んで膝を擦りむいたので、そこにおゆがかからないように気を付ける。

もちろんちんちんもおしりも洗う。

全部洗い終わって、たききが立ち上がった。

何もいわずにたいきの股間に手を伸ばし、触らずにあわてたふりをして引っ込める。

「あぶないあぶない。たいきの大事なちんちんに触るところだった!」

『しょうだよ!ちんちんさわらないで!』

「そうだよね。洗うとき以外は触っちゃダメだもんね。」

『しょうだよ!ちんちんにさわっちゃだめなんだよ!』

おや。

そんなこと知ってる?

「触っちゃダメなんだね?」

『さわっちゃだめ!はじゅかしーってなるし、きもちわるい!ってなるから』


おやおや。

ちゃんと教えてくれた人がいるらしい。

恥ずかしいってなるし気持ち悪いってなるから。

実に、3歳児にはわかりやすい理由だ。

素晴らしい。

誰に教わったのかたいきに聞くと、保育園の先生らしい。

なんともまあ、手の回ることだ。

ありがたい。


とりあえず3歳児の性教育は、こんなところだろうか。

この辺のことは男性であるがゆえかもしれないけれど、意識する必要もなく、意識せずに生きてきただけに、少し勉強しなければ。

たいきが食べたいというので作ったオムライス。せっかくたいきの(手前)だけはちゃんとした形に作ったのに、私の大きいのがいいと言って交換させられてしまった
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。