PVアクセスランキング にほんブログ村

チェンバロみたい

子供に聞かせたい音楽, 日記

風呂から上がってたいきと部屋を片付ける前に、レコードをかけた。

ベートーヴェンのピアノソナタ。

ヴィルヘルム・バックハウスの全集から適当に選んだら、28番だった。

あんまり聞きなれない曲。

美しいのだけど、それだけじゃない。

どこか内省的な、哲学的なにおいがする。

流れ始めたらたいきが一言。

『ちぇんばろみたい』

うーん。

天才かな。

今日のたいきの寝かしつけは、ポケモンがたくさん登場するはらぺこあおむしのパロディみたいな、あるいはてぶくろのぱくりみたいな話をしたあとで、久しぶりに『お父さんの腕のなか』を歌ってやったらあっという間に寝た。


のはなは相変わらずGrace Vanderwaal。

一応、泣いているときはこのくらい、落ち着いたらこう、眠ったらこのくらい、と結構頻繁に音量は変えてやる。

泣いていても聞こえる音量とか、耳に入るけど邪魔じゃない音量とか、色々あるのだ。

時には一緒に歌ってやらないと寝ないときもある。

表情や呼吸を見ながら。

これも、コミュニケーション。

ただ聞かせているだけじゃないということは申し上げておきたい。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。