PVアクセスランキング にほんブログ村

たいきは泣きつかれて寝てしまった

日記

ソファに座っていたら、一緒にソファに座っていたのはなが、抱っこしてほしいとこっちに来た。

たいきはのはなを抱っこしたい。

わあわあ言いながらたいきがのはなを抱える。

のはなはお父さんがいいと泣く。


「たいき。のはなさんはこっちにいたいって」

『たいちゃんがだっこしたいから!』

のはなを抱っこしようとしてもたいきはなかなか離さない。

のはなは泣くし。

困った。


「たいきも一緒に抱っこしてあげようか。」

『いや!』

うーむ。

とにかくのはなを抱っこする。

たいきもついて来て、のはなを引っ張ろうとする。

しかたない。

たいきを捕まえてみた。

右手にのはな。

左手にたいき。

たいきは逃げようとする。

しかし、少しのはなと同じシチュエーションを体験すれば違うのではないか。

しばらく逃がさないでいてみた。


しばらくするとたいきは泣き出した。

体が痛いとも言いだした。

はなしてやって、それでも泣き止まないので奥さんに変わってもらった。

たいきは泣いたままソファで寝てしまって、そのままご飯も食べず。

しかたないのでそのまま抱き上げてベッドに連れていった。


体罰だっただろうか。

いずれにせよもっとうまくやれる方法があるはずだ。

もっともっと考えなければ。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。