PVアクセスランキング にほんブログ村

たいきが出したおもちゃを片付ける

日記

たいきが風呂から上がると、ふたりで片付けの時間だ。

今日はましな方。


片付けをしないときは本当にしない。

「じゃあ、お父さんのおもちゃにしちゃうよ」

なんていっても

『いいよ』

といわれるとなんとも。

仕方なく私が全部片付けたりすることもある。

先週は、それで本当にそのとき私が片付けたおもちゃを翌日は使わないで過ごしていたこともある。

奥さんに言ったわけじゃないし私は外出していたから、たいきがなぜかそれを忠実に守っていたのだ。

そこまでされるとあっぱれとしかいいようがない。


おもちゃを片付けさせるときにも気を付けないといけないことがある。

もう、うちに散らばっているおもちゃはたいきが散らかしたものばかりではない。

のはなのために誰かが出したおもちゃもあるし、のはなが自分で出した(というかぶちまけた)おもちゃもある。

のはなが出したおもちゃを片付けさせるのはちがうと思うから、そこはたいきに確認したりしながら慎重にやる。

ちがうというか、うっかりのはなのおもちゃについてまで「自分で使ったんだから~」理論をおしつけないということだけど。

たいきが出したものはたいきが片付けて、のはなが使ったものは私が片付ける、ということも多い。


今日はたいきはお片付けに積極的だった。

『たいちゃん、こっちとこっちをかたづけるね。おとーしゃんはかーどをかたっづけてね。』

指示まで飛んできた。

散らばってるカード(恐竜カルタとトミカカルタだ)を片付けながら、たいきに聞いてみた。

『カードはのはなちゃんが出したのかな?』

「ちがうよ!たいちゃんだよ!」

うーむ。

正直だ。

たいきが出したおもちゃをなんで私が片付けさせられてるのか問いただそうかなとチラッと思ったけど、やめた。

きっと何か考えてくれたのだ。

とても結構じゃないか。

こんなことも成長なんだろう。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。