PVアクセスランキング にほんブログ村

抱っことんとんでおやすみ

お父さんであること, 日記

そろそろ夕飯の支度をしなきゃなぁと思いながら、のはなの相手をしつつアラジンの実写版を眺めていたら、のはなが抱っこで眠ってしまった。

のはなの寝かしつけはあんまり抱っこじゃないので、のはなが私の抱っこで眠るのは珍しい。

それでもちゃんと安心して眠ってくれるんだなぁ。

肩と胸にかかる体重と温もりが懐かしい。

たいきもこうやってよく眠ったのだ。

いや、たいきはまだ三歳だから、懐かしいというほど昔のことじゃあない。

でも、最近たいきとふたりで遠くへお出掛け、なんてこともできてないから、たいきが抱っこで眠る機会は激減しちゃっている。

遠出すると、大体帰りは抱っこでお休みになるのだけど。


隣で一緒にアラジンを見ているたいきに聞いてみた。

「たいきも抱っこでねんねしたい?」

『いやだよう!』

そうかぁ。

のはなが抱っこで寝てたら嫉妬くらいするのかと思ったけど、もう抱っこで寝たい年じゃないのかしら。

ちょっと寂しい。

手を伸ばしてたいきのあたまを撫でたら逃げられた。

『よしよし、や!』

えー。

「じゃあ、ほっぺをなでなでは?」

『や!』

「じゃあ、ぎゅーは?」

『や!』

「じゃ、ほっぺにちゅーは? 」

『おとーしゃんはだめ!おかーしゃんがいい!』

そういうと、たいきはお母さんが昼寝してるマッサージチェアに潜り込んでしまった。


よしよし。

なんだ。

やっぱりたいきもまだまだ甘えたい盛りだ。

よかった。

のはなをだっこする機会は多いけど、こうやってたいきも気にかけてるよとしっかり伝えていこう。

甘えたかったり、寂しかったりすることだってきっとたくさんあるはずだ。

もちろん私だって、まだまだたいきを抱っこしたい盛りなのだ。

あと何回抱っこでとんとんで寝るなんてしてくれるか、もうわからないけれど。

まだまだ、というか、あと一回くらいはやっておきたい。

これが最後かもなんて思いながら。

まだまだ何十回もやることになったりして…

まあ、わからないけど。

そういう気持ち。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。