PVアクセスランキング にほんブログ村

のはなの最初の言葉は『パパ』ではなかった

日記

毎日毎日コロナコロナ。

日本はあんまり悪くないけど、ヨーロッパの感染拡大がひどい。

フランスで、外出禁止になったからと家のベランダ(7メートル)でフルマラソンに挑戦してる男性がいるとか。

イタリアではみんなが窓辺で楽器を演奏して合奏してるとか。

暗いんだか明るいるだかわからないけど。

とりあえず21000円あった日経平均が一時16000円まで下がってたのが、今日は19000を超えていたから、なんとなくパニックは収まりつつあるのかも。

と思ったら今日、東京でいきなり感染者か数十にん増えたとかで。

オリンピックも延期になったし。

ついこのブログというか、日記にもコロナのことを書いとかなきゃなんて気分になってるから、やっぱり異常は異常なんだと思う。


さて。

のはながとうとうはいはいを始めた。いや。まだハイハイとは言えないかもしれないけど。

いざって30センチくらい移動できるようになった。

ちょっと目を離すと、なにやら口をモグモグさせてたりする。

開けさせたら、ゾイドに乗る人の人形が口からよだれまみれで出てきた。

うちには山ほどおもちゃがあって、小さいものもたくさんあるから、そろそろ小さなおもちゃはきちんと管理しないといけない。


這えば立て、立てば歩めの親心。

というけど。

まあ、ゆっくりやったらいい。

コロナだろうがオリンピックだろうが、乳児にはなんにも関係ない。

のはなやたいきの笑う顔を見ていると心が落ち着いてくる。


のはなが昨日辺りやたらと

『ぱぁぱぁ』

というから、おやおや、のはなの最初の言葉はパパの方だったか、とほくそえんでいたのだけど。

今日、お母さんに抱きついて

『ぱぁぱぁ』

と言っているのを目撃した。

どうやらおっぱいのことだったらしい。

そうかぁ。

パパでもママでもなく、パイパイだったか。

これはこれで中々味わい深いものがある。

たいきもそうだったけど、月例の標準の中でも一番上の方で成長が推移しているのは、間違いなく私の子供の証だなと思う。


たいきのお下がりを着ていると、三年前のたいきが座ってるのかと思うくらいそっくり。

これからどう変化していくのか、それとも同じように成長していくのか、楽しみで仕方ない。

いっぱいぱいぱいを飲ませてもらって、しっかり成長していって欲しいものだ。

寝る前にいっぱい遊んで疲れたところに、はらぺこあおむしの歌を歌ってやったらあっという間に寝てしまったたいき
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。