PVアクセスランキング にほんブログ村

土手でミニカー

日記

昨日は久しぶりにお迎えに行った。

たいきが保育園の玄関で

『かわにいきたい!』

と言う。

先生やお友だちと川に行ったらしい。

楽しかったのだ。

しかし、正直、川に行く道がわからない。

「川ってどうやっていくの?」

たいきは一生懸命玄関の外を見ながら、考えながら、外を指差して

『えーっとねぇ、こっちにいって、こっにのほう』

ははぁ。

見えない道のことを説明しようとするようになったか。

まあ、なんか知らんけど説明しようとしてるくらいだから道はわかるんだろうからたいきに連れていってもらおう。


「たいき、川に行くのはいいけどお父さんは道がわからないから、たいきが教えてね」

『うん!』

たいきは、私の手を引いて道を歩き始めた。

ちゃんと道をわたるときは

「おとうしゃん。ここはとまってね」

と教えてくれる。

結局、たいきはちゃんと川まで私を案内してくれた。

どうもたいきはこの川の土手の坂道で、ミニカーを走らせたり投げたりしてみたかったらしい。

保育園のみんなで行くときはミニカーは持っていけないから、お父さんと、ということだったみたい。

結構長い坂道や土手の坂を何度も何度も上ったり下りたり。

きゃあきゃあいって走り回っていた。

ミニカーを土手から走らせようとしても走らないこと。

舗装された坂道でも、軽いミニカーは走らなくて、重いミニカーは走ること。

草むらにミニカーを投げ入れると探すのが大変なこと。

土手をかけおりようとするとこけそうになること。

何もかもが新鮮で感動的て楽しいらしい。


そういえぱこの道は、ずいぶん前に、まだたいきが歩けなくてベビーカーだったころに何度かふたりで散歩に来たことがある。

今度はお母さんとのはなも連れて、四人でいきたいな。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。