PVアクセスランキング にほんブログ村

子育て支援施設に久しぶりに行った

日記

今日は奥さんが遠くまでお出掛けでいなかったので、のはなとたいきを連れて近所の子育て支援施設(?)へ。

保護者同伴の保育園みたいなやつ。

おもちゃもたくさんあるし、同年代の子もたくさんいるし、なんだかんだで5時間くらいいた。

明日から2週間、急遽閉鎖されるとのことで、今日開いてたのはラッキーだった。


たいきはずいぶんたくさんのレールと列車のおもちゃを使って大きなコースを作っていたけど、ひとつ年上くらいとおぼしきお友だちがやたら手を出したり壊したりしてくるのが横で見ていてイライラした。

たいきは少し困りながらも、それなりに仲良くおもちゃを譲ったりしていて、誇らしかった。

保育園で色んな経験をさせてもらってる成果なんだろうか。

あんまり控えめすぎるのも、それはそれで心配ではあるけど。

のはなは色んなおもちゃをさわれてかなり幸せそうだった。

ピアノがあったので、お昼寝の時間帯には少し『いつも何度でも』とかその辺りの曲を抱っこしたまま弾き語りしてやって寝かしつけをしたら、ぐずりもせずに寝てしまった。


ピアノを弾いているのを聞き付けたスタッフさんから『お誕生日会をこれからやるのでハッピーバースデートゥーユーをひいてくれませんか』と言われて、ちょっとびっくりしたけど弾いて差し上げたら喜んでもらえたようで、よかった。

そのあと、緊急閉鎖の告知の英訳まで頼まれた。

のはなは寝てるし、たいきは一人で、というか私と無関係にスタッフさんに構ってもらったりしてはしゃぎまわってるし。

多分働いてるひともボランティアだったりするんだろうからお互い様だ。

話すのはともかく書くのは得意なので引き受けさせていただいた。


帰りに近くのドラッグストアに寄ったら、一棚全部商品がおいてない空の棚があった。

見るとトイレットペーパーだのティッシュだのの棚らしい。

何で日本人は何かあるとトイレットペーパーを買いためようとするのか。

地震があったときに『外国人が水源に毒を投げ込んだ』というデマが必ずながれるんだけど、それはみんな関東大震災のときのデマのパロディだとわかるのに。

トイレットペーパーはオイルショックのときのあれのただの焼き直しなのに、そっちには気づかないのが全く不思議。

ついでに言えば、マスクなんかコロナウイルスにはするだけ無駄なのに、相変わらず棚にはないし、電車は咳エチケットがどうのこうのアナウンスしてるし、みんなマスクつけてる。

これも謎過ぎる。


あしたはどうやって過ごそうかなぁ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。