PVアクセスランキング にほんブログ村

たいきと歌とTKG

子育てを考える, 子供に聞かせたい音楽, 日記

たいきは最近よく歌を歌っている。

おもちゃをいじりながら、レゴや井桁のソフトブロックでなにやら組み立てながら。

だいぶメロディーらしきものも感じられるようになってきたし、リズムもあるようだ。

成長したなと思う。


今朝、登園中、抱っこされているたいきが歌い始めた。

歌っているというか、叫んでいるというか。

『てぃーけーじー!てぃーけーじー!』

んー?

TKG?

たまごかけごはん?

よく聞き取れない。

『おれのなまえはてぃーけーじー!』

そしてゲラゲラ笑う。

なんか知らないけど気に入ってるらしい。

ピンキッツの恐竜の歌のひとつだろうか。

「俺の名前は」

の前にはちゃんとシンコペーションの休拍が入ってる。

たいしたものだ。


「それ、なんの歌?」

『きゅーきょくのたまごかけごはん!てぃーけーじー!』

ははあ。

まだ卵かけご飯食べたことないのに。

「誰が歌ってたの?」

『ひかきんさん~』

ヒカキンさん、すごいなぁ。

私はあんまりHIKAKINさんの動画は見たことないのだけど。

3才児の心をガッチリつかんでる。


Grace Vanderwaalの歌も聞く。

ディズニーだってたくさん聞く。

バッハもモーツァルトも聞く。

HIKAKINさんの歌(ラップ?)も歌う。

とにかく音楽の幅が広い。

いや、音楽というのは、他の芸術(絵とか彫刻とか文学とか)と違って、文化的背景の共有がなくても感動を共有できる『最も純粋な芸術』なんて言われることがある。

子供にとっては、音楽という芸術には幅もへったくれもないんだろう。

リズムがあって、メロディーがあって、自然とからだが動き、心が動く。

音楽ってそういうものだ。


孔子は君子が学ぶべきもののひとつに音楽をあげていて、孔子自身も琴のようなものを能く弾いたらしい。

世界最古の大学であるボローニャ大学でも、音楽は最初から必修科目だった。

音楽を知っていることは、人生を豊かにする以上の何か、大切な意味があるらしい。

何かは知らないけど。


まあ、ややこしいことはおいとこう。

もちろん、童謡やおかあさんといっしょの歌だって聞くし、弾き語りして聞かせることもある。

そろそろ何か、いっしょに歌えるようになるだろうか。

どんどん楽しみが増える。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。