夢と魔法の日々はいつか終わる

日記

のはなのディズニーデビューの夜。

二人が寝静まったホテルの居室で、アコースティックギターの『A whole new world』をかけていた。

どうも奥さんがそれを聞いていて、随分感傷的な気持ちになったらしい。

あと何回、子供たちとディズニーやら、旅行やら行けるかなぁなんて。

まだ、のはななんて産まれたばっかりなのに(笑)

とは思うけど。


四人で旅行できるのがたいきが中学校に上がるまで(小学生のうちまで)とすると、たしかにそれってあと10年もないのだ。

夏休みと冬休みと春休みとかだけだとすると、最大でもあと30回足らず。

多いようで、少ない。

『そうなったら、また二人でディズニーランド行こうよ』

なんて言ってみたけど。

そして、私は奥さんのこともディズニーランドも大好きだから、もちろん本気だけど。

とはいえその時は

『ここでたいきが喜んだ』

とか

『あそこでのはなが笑った』

とか話しながら行くことになるのかなぁ、なんて奥さんは言う。

まあ、そうなるだろうな、と私も思う。

そう思ったら随分寂しい気持ちになった。


英語の歌ってすごいな、と思うのは、どんな歌でも二人称は『you』だし、男言葉とか女言葉とかないから、それが男性に向けた歌なのか、女性に向けた歌なのか、それとも子供に向けた歌なのかみたいなことは、歌う人聞く人でシチュエーションが自由に変えられるってこと。

奥さんが聞いた『A whole new world』を適当に、まあ全部こじつける訳じゃなく、それっぽいところはそれっぽく、『you』を『君たち(たいきとのはなのつもり)』にして翻訳してみる。


I can show you the world

Shining, shimmering, splendid

Tell me, princess, now when did you last let your heart decide?

私は君たちに、世界を見せてあげられる。

光輝く、煌めく、素晴らしい世界を。

プリンセス、最後に自分の気持ちを自分で決めたのは一体いつのことだい?

I can open your eyes

Take you wonder by wonder

Over, sideways and under

On a magic carpet ride

私は、君たちの目を開いてあげられる。

君たちを驚くようなところへ次々と連れていってあげられる。

上にも、横にも、そして下にも。

魔法の絨毯に乗って、ね。

A whole new world

A new fantastic point of view

No one to tell us no or where to go

Or say we’re only dreaming

まったく新しい世界。

素晴らしい景色の見える新しい場所。

誰にも『だめ』とか『ここに行けば』なんて言われない。

誰にも、夢を見てるだけさ、なんて言われないよ。

A whole new world

A dazzling place I never knew

But now from way up here,

it’s crystal clear

That now I’m in a whole new world with you

まったく新しい世界

目も眩むようなまぶしい場所。

こんなところ、知らなかった。

でも今、ここから。

それははっきりとしたこと。

私は、君たちと一緒にまったく新しい世界にいるんだ。

Unbelievable sights

Indescribable feelings

Soaring, tumbling, freewheeling

Through an endless diamond sky

信じられないような眺め

言い表せないような感覚

舞い上がり、転がり、自由に飛び回る

果てしないダイヤモンドの空を

A whole new world

(Don’t you dare close your eyes)

A hundred thousand things to see

(Hold your breath, it gets better)

まったく新しい世界

(目を閉じないでいて)

10万個もの見るべきもの

(期待していて、どんどんすごくなる)

I’m like a shooting star

I’ve come so far

I can’t go back

To where I used to be

私は流れ星のよう

こんなに遠くまで来てしまった

もう戻れない

私がかつていた場所には

A whole new world

With new horizons to pursue

I’ll chase them anywhere

There’s time to spare

Let me share this whole new world with you

まったく新しい世界

新しい地平線

私はどこへでもそれを追いかけていこう

そのための時間は惜しまない

君たちのいるこのまったく新しい世界を、私にも共有させて。

A whole new world

(A whole new world)

A new fantastic point of view

No one to tell us no or where to go

Or say we’re only dreaming

まったく新しい世界

素晴らしい景色の見える新しい場所

誰にも『だめ』とか『ここに行けば』なんて言われない。

誰にも、夢を見てるだけさ、なんて言われないよ。

A whole new world

(Every turn a surprise)

With new horizons to pursue

(Every moment,red letter)

I’ll chase them anywhere

There’s time to spare

Anywhere, there’s time to spare

Let me share this whole new world with you

(With you)

まったく新しい世界

(何もかもが驚き)

あの、新たな地平線

(全ての瞬間が、記念すべきとき)

私はそれをどこまでも追いかけよう

そのための時間は惜しまない

このまったく新しい、君たちのいる世界を、私にも共有させて

A whole new world

That’s where we’ll be

A thrilling chase

A wondrous place

For you and me

全く新しい世界

私たちがこれから過ごす場所

ワクワクしながら追いかける

驚くような素晴らしい場所

君たちと、私のための


たいきやのはなにとって、私たちはいつまで『魔法使い』でいられるだろう。

夢なんかじゃなく、魔法の絨毯に乗っているかのように、驚きから驚きへ、ダイヤモンドの空を抜けて、果てしなく広がる地平線の彼方から彼方へ。

煌めく空、輝く雲、目を見張るような新しい景色を見ながら、あふれる笑顔で、いつまで一緒に過ごせるだろうか。

いつか、魔法が切れる日が来るのだ。

必ず、その日は来るのだ。

夢と魔法の日々は始まったばかりだけど、私たちはもう大人だから、そのことを知っている。

それまで、精一杯たいきとのはなに夢も魔法も見せてやらなきゃと思う。


いや、そうじゃない。

それだけじゃない。

たいきとのはなにとっての夢と魔法の日々は、本当は私たちにとっての夢と魔法の日々なんだ。

彼らが私たちにかけてくれた夢の魔法。

それが切れる日が来ることを私たちは知っているから、こんなに寂しくなるのだ。


限りある4人で暮らす日々を、大切に過ごしたいと思う。



応援お願いします