PVアクセスランキング にほんブログ村

風呂に二回入った

日記

今日は、たいきに保育園を休ませた。

年末からずっと咳が出ているし、熊本から帰って来て疲れもたまってるだろうということで。


大変だったのは奥さんだ。

いや、何が大変だったとか、どう大変だったとか、そもそも大変だったかどうか聞いた訳じゃあない。

しかし、一日中子供二人見てたわけだから大変に決まっている。

それはわかってた上で保育園を休ませたのだから、仕方ないのだけど。

申し訳ないことに違いはない。

せめて風呂くらいは私が二人入れて、奥さんには一人でゆっくりはいってもらいたい。

しかし最近たいきは私と入ってくれない。

どうしようかなぁと思いながら声をかけた。


「たいき、今日は誰とお風呂入るの?」

『んー、、おかあしゃん!』

「えー!お父さん、今日はたいきとお風呂入りたいなぁ」

『だめ!』

「そんなこと言わないでさぁ。お父さんと入ろうよ」

『だめ!おとーしゃんは、ばちゅ!おかーしゃんとはいるの!やしゅしょくしたもん』

奥さんを見ると笑っている。

私が何でこんなことを言い出したのかはもちろん言わなくてもわかっている顔だ。

「お母さん、なんか言ってよ」

しかし

「もうちょっと自分で頑張って下さい」

と、笑っている。

とりつく島もない。

「お父さん、たいきと入りたいなぁ。。だめかなぁ。」

『だめ!おとーしゃんとははいりません!ざんねんでした!』

いやー。

そんな難しいことを言えるようになったのか。

これはもう引き下がるしかない。

と思っていたらたいきがまた口を開いた。

『たいちゃん、あした、おとーしゃんとおふろはいる。きょうは、おかあしゃんと!』


とりあえずのはなと風呂に入って、出てきたらたいきが部屋を片付けていて。

一緒に片付けをしていると、たいきが恐竜とミニカーを集め始めた。

アンパンマンの鞄に詰め込んで、余ったヤツをおもちゃ箱のふたにのせている。

『たいちゃん、おふろにもっていくの』

いままでにない量だ。

奥さんが声をかける

「たいき、お母さん、そんなにたくさんのおもちゃとは入れないよ。もう少し減らして 」

『たいちゃん、おとーしゃんとはいる』

なるほど。

もう体ふいてパジャマ着てるけど。

まあいい。

たいきの希望でもあるし、奥さんだって嬉しいはずだ。

たいきのおもちゃを持たされて風呂に向かう私の背中に、奥さんが

「お父さん、よかったじゃん!」

と声をかけてくれた。

ひょっとしたら私は少し嫌そうな顔をしていたのかもしれない。

いかんいかんと思い直して

「ほんとだ!たいき、お父さんとお風呂にしてくれてありがとう!」

と、テンションをあげて二回目の風呂に入った。


色んなパターンがある。

こんな風に風呂に入り直したのは初めて。

でも、久しぶりにたいきと風呂に入れて本当によかった。

たいきが風呂に持ってきた大量のおもちゃ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。