PVアクセスランキング にほんブログ村

たいきの頭からお湯をかける

日記

お風呂で頭からお湯をかけるというやつ。

たいきはずっとひざの上に寝かせて頭を洗ってやってきたので、いまだにできない。

のはなはその反省をいかして、もう、2ヶ月のころからばしゃーんといく。

おかげで鼻に水が入らない姿勢というのも自分で見つけたらしく、もはや頭からたらいでかけようがシャワーをかけようが、咳払いひとつしない。


ここ2、3ヶ月、たいきには毎回

「今日はばしゃーんしようか」

と聞いてみるのだけど

『や!』

の一点張りで、なかなかさせてもらえない。

奥さんとはいる日が増えて、奥さんは1、2回やったようだけど、定着はなかなか。


ところがどうも、昨日はお母さんと入った風呂で、自ら頭にお湯をかけたらしい。

しかも後頭部じゃなく、前頭部。

がっつり顔にお湯がかかるところだ。

これはすごい。

そして今日だ。

今日はたいきは私と風呂に入ってくれるという。

どうなるか。

ちょっとどきどきする。


とりあえず体を洗ってやる。

おもちゃで遊ぶ。

顔を拭くタオルで遊ぶ。

一通りやって、頭の番。

「たいき、頭洗うよ。ばしゃーんする?」

『だめ!』

たいきはあわてて私のひざの上に寝転がろうとする。

あせらなくても無理にやろうとは思わない。

「ごめんね。大丈夫だよ。ごろーんしようね」

ひざの上に寝転んだたいきの頭に石鹸をつけて、いつも通り丁寧に洗ってやってると、たいきが何かいった。

『☆※=△したらばしゃーんする』

シャワーでよく聞こえなかった。

でもばしゃーんするって言ったぞ。

シャワーを止めて聞き直す。

「何?」

『あたまあやったらぁ、ばしゃーんする』

ほほう。

「頭洗ってからばしゃーんするの?」

『ん』

そう言ってたいきは目をつぶった。

そろそろ頭を流す手順なのは分かってるのだ。

顔に石鹸をつけてタオルで拭いて、それからシャワーで頭を流してやる。

「出来たよ。おーしーまい!」

たいきはむくりと起き上がると、小さな子供用のおもちゃのひしゃくを手に取った。

「それでばしゃーんするの?」

『うん』

湯船を見て、止まった。

今日は入浴剤を入れたのであざやかなオレンジ色。

『おれんじだからやだ。』

「じゃあ、シャワーのお湯にする?」

『うん』

お湯の出てるシャワーを差し出すと、ひしゃくにお湯をためた。

そして、頭というよりは限りなくおでこに近いところに、自分でばしゃーん。

あわててたいきが顔をてで拭く。

「すごい!泣かないんだね!」

『たいちゃん、おにちゃんだから』

「そうかあ。もうおにちゃんだもんね。泣かないでばしゃーんできるんだね。」

『うん』

「がんばってくれてありがとう」

そう言ってたいきを抱き締めた。


まだこれで頭を洗うのは厳しそう。

でも一歩前進だ。

明日はどうなるかな。

私の手を食べるのはな
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村
==================

↑↑↑
ランキング参加中。応援ありがとうございます。