たいきの頭の洗いかた

日記

たいきはずっと私が洗うときは私の膝の上に寝かせて洗っていた。

今はのはなも同じように洗っている。

で、いつしかたいきは私の膝に座るようになり、たまには立ったままあらうこどあるようになった。

ところが、頭を洗うときは相変わらず膝の上に寝転がる。

美容院なんかで頭を洗ってもらうのと同じ要領で、顔にシャンプーも水しぶきもかからないように、丁寧に洗ってやる。

何回か頭の上からシャワーだのでお湯をかけたことはあるけど、ひどく泣いたしひどく怒られた。


そろそろこの洗いかたは卒業したい。

どうも奥さんが一緒にはいるときは、もう膝の上にのせられないとかで、頭から行っているらしい。

しかし、それをたいきが嫌がっていることは間違いない。

何しろたいきが

「きょうはおかーしゃんとおふろ」

なんて言い出しても

『あら、じゃあ頭からばしゃーんだね』

なんていわれると、すぐにお父さんとお風呂ということになるのだから。

それに、たいきがお母さんとお風呂にはいるのはせいぜい月に3回とか。

なかなかこれでは慣れてこない。


のはなはこの反省をいかして、もう、ほとんど最初から頭からかける方法で頭を洗っている。

かける方もかけられる方も慣れてきたと見えて、ここ数日はもうくすんとも泣かない。

3ヶ月にしてこれだ。

たいきなんてもう3才なのに。


そんなわけで、ここ最近はいつも一応

『そろそろ頭からばしゃーんで洗ってみようか』

と声をかけている。

まだ実現はしていないけれど。

おまじないみたいなものだ。

いつか突然聞いてくれたりするんじゃないかと思っている。


と、昨日はその直後にたいきが

『おとーしゃんに!』

と言い出した。

シャワーで一生懸命私の頭にお湯をかける。

「ちゃんとおめめちゅぶって!」

そんなことも知ってるのか。

まあお母さんに言われてるんだろう。

なんにせよえらく楽しそうだ。

こちらも気持ちよさそうに喜んでみせる。

とうとう、石鹸を持ち出してきて、私の頭を洗ってくれた。

『じゃあたいちゃんの頭も洗おうか』

と聞くと

「うん」

と言って私の膝に寝転がる。


今日も同じ。

私の頭を楽しそうに洗ってくれて、たいきの頭は膝の上。

しばらくこんな感じだろうか。

なにか、たいきの頭をばしゃーんで洗うきっかけになってくれたらいいのだけど。

たいきがお母さんと作ったクッキー

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,558人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー