想定外の寝かしつけ

日記

今、26時になろうとしてる。

のはなは私の隣で寝てる。

22時過ぎにおっぱいを飲んで、なんか目が爛々としていたのでとりあえずリビングに連れてきて、奥さんに寝てもらった。

1時間くらいで起きて、泣き続けるようならおっぱいってことで奥さんの所に連れて行く、っていうのが当初の想定。


何だかんだすぐに寝かしつけには成功したけど、30分くらいで起きた。

なんとか寝かしつけて、また30分で覚醒。

ところがまた寝かしつけ成功。

レジ袋の音で寝かしつけだの、ゆっくり大きく揺らして寝かしつけだの、小刻みにリズミカルに強めにトントンして寝かしつけだの、レコードを大きめの音で聞かせて寝かしつけだの。

たいきのときに苦労して身につけた技が、いとも簡単に決まる。

一旦眠ってもすぐに置かず、深いため息のような息が出たところで一段眠りが深くなるからそれから置くとか、包み込むように抱っこしたまま置くとか、背中センサーの回避も今の所完璧。

なんだかんだ5回くらい寝かしつけして今に至る。


奥さんがあの後すぐにねててくれれば、もうそろそろ4時間くらい寝た計算だ。

多分1時間くらいはスマホいじってると思うから、3時間か。

できれば3時とか4時くらいまで寝てもらいたい。

まとめて寝るのは、体にとっても心にとってもとても大事なことだ。


ちょっと久しぶりなのと、環境が整ってないのとで、のはなが寝てると私が眠れない。

どうしよ。

眠い。

しかしまあ、奥さんに寝てもらうためだと思えばがんばれる。

もうしばらく頑張ってみよう。

なにしろこの寝顔を見てる時間は至福だ。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,697人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー