2才児はどうしたら着替えてくれるのか、どうやって着替えさせるべきなのか

子育てを考える

「たいき、そろそろお着替えしよ。」

「や」

「お父さん、お仕事いかなきゃいけないんだ。たいきと一緒に保育園に行きたいな。」

「や」

「ほら、たいきの好きなかばさんのシャツ。これ着てお外いこ。」

「や」


今日は、ここ最近の一番の悩みのはなし。

とにかく着替えない。

目も会わせてくれない。

毎朝毎朝のこと。

一度か、二度か、とにかく時間がなくて、いやがり泣き叫ぶたいきを無理矢理着替えさせて、そのまま抱えて保育園まで行ったこともあるけど。

正直そんなことは何度もはしたくない。

たいきも大変だし、こちらも大変なのだ。


しょうがないからじっと気持ちが変わるのを待ってみる。

もちろん、ぼーっとしてて変わる気持ちならとっくに変わってるわけで。

YouTubeを見ていたり、おもちゃで遊んでいたり。

とにかくこちらを向くことはない。

「たいき、そろそろ…」

「…」

『や』って言うばかりではない。

無視だってするのだ。


「じゃあ、しょうがないな。もう、お父さん行くね。」

そう言って階段をおりようとしたら泣きながらついてきたこともある。

今のところ、うまくいくのはこんなパターンばかり。

今朝はこう。

「じゃあたいきはお留守番するのかな」

「おるしゅばん、しゅる」

「…」

「…」

「…わかった。もういい。」

嫌な声だったし、嫌なトーンだった。

それが伝わったのか、たいきはワタシの膝の上に座りに来た。

着替えの体勢だ。

ようやく着替えさせて家を出た。


外に出たら外に出たでご機嫌だし、保育園につくと先生のところに走っていって抱きついてるし。

決して外出や保育園をいやがってるわけじゃないのだ。

しかし、とにかく着替えに取りかかるのに時間がかかる。

これがなかなか、つらい。


そうはいっても

「もういい」

型の誘導はどうなんだろう。

抵抗なく着替えてくれるので少なくとも暴力的ではない。

しかしただの脅迫のようにも思う。

残念だけど、私はこういう「もういい」がとても得意だ。

怒りのようなものだって伝わってしまっているだろう。

そんな風に、私の顔色を見る子に育ってほしい訳じゃない。

そんな風に、育てたいわけじゃない。


保育園にいってほしいのは私のわがまま。

着替えてほしいのも私のわがまま。

たいきにはわたしの事情は関係ない。

これは私のわがままとたいきのわがままがぶつかりあってるだけなのだ。

しかも、毎朝私が必ず勝つのだ。

どうでもいいルールを決めることについて』でも書いたことがあるけど、とにかくフェアじゃないのだ。

こんな、いやなことはない。


とはいえ、優しくしててもいっこうに着替え始まらないのだ。

でもこんな「もういい」を聞かせるくらいなら、無理矢理着替えさせた方がましだ、という気持ちにもなって、落ち込みながら着替えさせたり。

イライラするのもつらいけど、それを出してしまったかもしれないという罪悪感は私にとってはもっとつらい。

どうしていいのか。

どうすべきなのか。

正解なんてないといわれれば、納得しつつも絶望するしかない。

みんなどうしてるんだろう。

他のお父さんお母さんのことが知りたい。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,491人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー