滑り台で冒険が始まった

日記

たいきは滑り台がすっかり怖くなくなったらしい。

今日も公園にいくと、まっすぐに滑り台に走っていった。

滑り台をゆっくり滑ったり、早く滑ったりできるようになって、とうとう滑り台の途中で止まったりもできるようになった。

成長というのか。

とにかく驚く。


いつも通り少し離れてみていると、たいきが手すりにつかまらずに滑り台の階段を登り始めた。

あわてて駆け寄りながら声をかける。

「たいき、ちゃんとつかまって登って。つかまらないならお父さんも一緒に登る。落っこちたら痛いよ。」

たいきは少しつまらなそうな顔をしたけど、ちゃんということを聞いてくれた。

安心して上に登るのを見届ける。

と、今度は階段を早めの足取りで下り始めた。

少しはらはらするけど、まあ、いい。

そして最後の一歩。

ここだけこえをかける。

「よし、最後の一歩だね。ここが一番危ないよ。ゆっくり。気をつけて。」

案の定、最後の一歩は雑に下りようとしていたのが慎重になる。


徒然草に木登りの名人(確か庭師)の話があって、これはこの名人の真似。

弟子が高いところにいるときは声をかけないのに、下りてきて最後の一歩みたいなところで「気を付けろ」と声をかける。

兼行は不思議に思って「あそこまで来たら飛び降りたっていいようなものなのに、なんで声がけするのか」と質問する。

すると名人が答える。

「高いところにいるときは怖いから自分で気を付けるものだ。もう大丈夫、という高さに来たところが危ない。大体怪我するやつはこの高さで怪我をする。」


また登り始めたたいき。

今度は階段を階段の一番上から、てっぺんのフロアに入るところで「ぴょん」といいながら両足で飛び込んだ。

やれやれ。

よくまあこういうことばかり思い付くものだ。

「たいき、滑り台の上でふざけないで。危ないからね。」

わかったようなわからないような顔で、滑り台の方にいって、あろうことか頭から滑り降りようとする。

あわてて滑り台の下に向かう。

思ったよりずっとゆっくりのスピードでたいきが滑り降りてくる。

ちゃんと一番したで止まった。

頭から落ちるかと思ったけどそうはならない。

たいしたものだ。

まあ、落ちても顔を擦りむく程度だろうけど。


滑り台をおりるとまた一目散に階段にかけていって登る。

一番上でぴょんとしようとするのでもう少しきつめに注意すると、これはやめてくれた。

また頭から滑る。

よほど気に入ったらしい。

とりあえず上手に滑れることはわかったので、ブログと義実家に送る用に写真を撮った。

しかし慣れるのは怖い。

刺激を求めて過激になっていくのはティーンエイジャーの専売特許ではないらしい。

ブランコはこの間落ちたのがきいてるのか、今日は近寄らなかった。

まあ、滑り台ももう一度くらい落ちたりしてもいいのかもしれない。

そのくらいの遊び方の方が楽しいんだろう。

死なない程度に、色々チャレンジしたらいいのだ。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,376人の購読者に加わりましょう