『まあいいか』

日記

この二、三日急に暖かくなった。

あったかいと荷物も減るし薄着だから登園中の抱っこも楽だし。

とにかくありがたい。


今朝は、なかなか着替え始めなかったことをのぞけば、着替えは順調だった。

しかしまあ、やはりというか、出掛ける直前になって

「ながいじゅぼん!」

とかは言い出す。

今朝は長ズボンをはかせてはいたのだけど、たいきがいっている「長いズボン」は、裾が余るくらい長いやつだ。

「いいよ。着替えようか。ズボン自分で脱げる?」

「ぬがしぇて」

脱がせるところから。

脱がせてたいきの服をしまってるカラーボックスの前に連れていく。

「こえは?」

「それはパジャマだよ」

「これはおしょといくやちゅ?」

「それもパジャマ。お外にいくやつはこっちの引き出し。」

絶対わかってやってる。

なにしろこのやり取りと逆のやり取りを、夜風呂から上がったあとも毎日やってるのだ。


ちゃんとお気に入りのズボンを見つけてはきかえて、靴下もはきかえて、登園バッグにミニカーも詰めこんだ。

よし!

でかけよう!

と、一緒に部屋を出たたいきが、立ち止まり、もといた部屋をのぞきこむ。

「どうしたの?」

「うーん、まあ、いいか」

まあいいか!

何やら大人っぽい口調で、何かを諦めたらしい。

一度口にすると10分(そしてうっかりすると30分くらい)は確実に主張し続けるたいきが何も言わずに諦めたのは、何だったんだろう。

「まあいいか」なんて言うのを聞くのは初めてなので戸惑いつつ、すごく気になりつつ、とっさに考える。

いまそれを聞く時間はないぞ。

口に出させるとめんどくさいことになるかもしれないし。

「いいんだね。よし!しゅっぱーつ!」

「しんこー!」

あとは靴を反対にはこうとする定番のボケに付き合ったり、玄関のドアを反対に開けようとするのにつっこんだり、毎朝のルーチンをこなして無事登園したのでした。

風になったように、空を泳ぐようにどんどん進む地球の子供

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,473人の購読者に加わりましょう