数を数える

日記

2ヶ月くらい前から、たいきは時々

「いちにーさんしーごーろくしちはちきゅう!」

というようになった。

時々「しーごー」を飛ばしたりする。

道を歩いていて車が三台くらい止まっていると、

「いちにーさんろくしちはちきゅう!」

なんて叫び出す。

三台でも九まで数える。


昨日、たいきと二人で隣駅までいった帰り道、はらぺこあおむしの歌を歌ってほしいというので、手を繋いで歩きながら大きな声で歌いながら歩いた。

時々歌詞を忘れたふりをして聞いてやる。

「お日さまが上って~、あおむしは…あおむしは…えーと、なんだっけ?」

「おなかがぺこぺこ!」

「あ、そうか。♪あおむしは食べるものを探しはじめました~」


「♪月曜日、月曜日、リンゴをひとつ食べました~、それでもやっぱりおなかはペッコペコ~。火曜日、…火曜日…、えーと、何を食べたのかな?」

「なし!」

「あ、なしね。♪なーしをふーたつ食べました~それでもやっぱり、おなかはペッコペコ~、水曜日、水曜日、、、なんだっけ?」

「すもも!」

「すーももーをみーっつ食べました~、それでもやっぱりおなかはペッコペコ~。木曜日、木曜日、イチゴを…いくつ食べたのかなぁ?」

「じぇんぶ!」

「全部かぁ(笑)そうだね。♪イチゴをぜーんぶ食べました~」

イチゴは4つなんだけど。

まあ、いいの。

4はまだ難しかったかな。


今朝のことだ。

相変わらず早起きのたいきが、早朝からせんべいを食べたいという。

小さなせんべいがいくつも入った袋を渡すと、喜んで食べ始めた。

「お母さんのせんべいだから、全部は食べないでね」

と言って、ぼーっと、というかうとうとしているとたいきに起こされた。

せんべいの袋をこちらに渡そうとしている。

大分残ってる。

全部は食べなかったらしい。

「全部食べなかったんだね。お母さんに残してくれたの。ありがとう!」

するとたいきは手を4の形にして突きだして

「よっちゅたべた!」

と言った。

驚いた。

まあ、本当に4枚食べたのかはわからない。

しかし、手はちゃんと「4」になっている。

たいきは4がわかるらしい。


「たいきはごさいになった!」

なんて、パーにした手を見せながらいってることもある。

発育が早いとか遅いとかはよくわからないけれど、とにかくできることが増えていく。

それを見守るのは、この上ない幸せ。

たいき作、ブルドーザー!

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,333人の購読者に加わりましょう