たいきのおでかけのしたく

日記

土曜の昼下がり。

私も奥さんも、めいめいにまどろんでいた。

先々週は不動産探し。

先週はたいきが嘔吐して病院。

久しぶりに何もない週末だった。


泣き声で目が覚めた。

たいきが

「おしょとにいきたい」

といって泣いている。

昼寝の最中に起こされて、全然頭は動かないけれど、とにかくたいきが外に出たいなら連れてってやらなければ。

「よし、わかった。お着替えしよう。」

とりあえず、着る服を決めて居間に持って行くようにたいきに言った。

そんなことさせたことは、実はまだない。

眠すぎて無茶ぶりしてしまった。


しかし、たいきは、たいきの服が入ってるカラーボックスを覗き込むと、ちゃんと、下着とシャツ2枚をとりだした。

「すごいね!たいき!でもこれ、ズボンがないよ。」

たいきがあわててシャツを見る。

「ありぇ??しょうかぁり。」

まじまじとシャツを眺めて納得したらしい。

今度はちゃんとズボンを出すことができた。

しかも、コーディネートは完璧だ。

もう、ここまでされちゃったらお出掛けしないわけにはいかない。

仕方なく起き出して着替えさせて、外に出た。


とにかくやれることがどんどん増える。

おむつも自分で脱いだし、くつしただって片方は自分ではいた。

たいきは気づかないうちにどんどん成長している。

もう少しゆっくりやろうよ。

お父さん、もう少し話のわからないたいきくんと過ごしたいよ。

って言っても止まらないだろうなぁ。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,333人の購読者に加わりましょう