「保育園の送り」とは何か

お父さんであること, 子育てを考える

保育園の送り、というのをちゃんとやるというのはどういうことなのか。

①持ち物の準備

前日のうちに明日保育園に持っていくものを確認する。

うちの保育園だと

・着替え1~2そろい

・食事のときの口拭きタオル数枚

・来た服とかを入れるビニール袋数枚

・オムツ(名前書く)

これに、月曜日は

・お昼寝用のバスタオル(タオルケット)

・お出掛け用の帽子

が加わり、夏場は

・水遊び用の着替え(水着?)

・水遊び用の帽子

・水遊びの同意書(毎朝の体温記入)

が加わる。

で、持ち物のほかに当然着ていく服と靴下と靴も準備。足りないものがあれば洗濯したり、オムツに名前書いたりする。

事前準備は、明日の朝の戦いをスムーズに進めるための大切な工程。

人任せにはできない。

②朝ごはん

朝御飯をしたくして、食べさせる。

当たり前だけど、用意したものを普通に食べてくれるなどという奇跡はそうそう起きない。

何でもいいから口にいれてくれるものを見つけて食べさせるか、用意したものを何とか食べてもらえるようにがんばるか。

このときに冷蔵庫なんかの中身を確認して、明日の朝なにを食べさせるか、なになら食べてくれるか考えて、足りないものは夜買って帰る。

うちだと、チーズとかシュウマイとか魚肉ソーセージとかちくわとか豆腐とかヨーグルトとか。ごはんは炊いておく。もちろん日によってパンの日もある。

好みもどんどん変わっていくし、毎日同じものを食べるわけじゃないのは大人と一緒。

用意するものは少しずつ変わっていくけれど、とにかくなにか食べさせなきゃいけないわけなので、なんとかできるように万全の体勢を整える。

用意したけれど食べてくれなかったもの、が自分の朝ごはんになるのは言うまでもない。

③着替え

①のところで翌日着ていく服を用意すると書いたけど、これは少し足りなかった。

ひとそろい服を用意したところで、それを着てくれる日ばかりではない。場合によってはいくつもの服を見せて、着てくれる服を見つけなければならない。

当然、お気に入りの服なんかも時期によってあってりする。それが用意できない日は、朝から気が重い。

そもそも出掛けるのが嫌で、着替えるのもいや、ということだって必ずある。

どう着替えさせるのか、説得するのか、無理矢理着替えさせるのか、何か技を繰り出すのか、やり方は人によって違うと思うけど、とにかく着替えは戦いだ。

④その他の準備

オムツを変え、熱がないか体温を測り、爪が伸びていれば切り、靴下を履かせ、靴を履かせ、上着を着せる。

私は、このひとつひとつに、バトルした記憶がたくさんある。

家を出られる格好になるまでに、乗り越えなければならないハードルはいくつもあるのだ。

もちろん、ひどい下痢とか熱とかがあれば病院につれていく。

病院のあとで保育園に行けるのかも一旦その場で判断して、保育園には何かしらの連絡をしておかなければならない。

病院に連れていくとなったらその支度もある。保険証、母子手帳、お薬手帳、その日の使用済みオムツ、外でうんちしたときのためのおしり拭き、念のための着替え、等々。

もう、書くのがめんどうなのでここはあとは割愛する。

⑤連絡帳記入

保育園で子供が体調を崩したときに、何が原因なのか等々を考えやすいように、

・昨夜からの様子

・排便の状況

・食べたもの

・今朝のご機嫌

・体温

等を記入する。

⑥自分の支度

忘れていたけど、これらのことをやりながら、自分の支度もしなければならないのは言うまでもない。

⑦同行もしくは運搬、あるいは連行

保育園まで連れていく。


とにかくどこに地雷があるかわからないし、たくさん地雷を踏むこともある。

保育園を出て、日本語も理屈も通用する大人の仕事の世界に戻って、一安心。

朝の保育園の送りは大変なのだ。

え?

⑦だけじゃだめなのかって?

いや、だめとかじゃないけど。

夫婦二人いるなら、①~⑦まで、もちろん全部ひとりでやる必要はない。

全部ひとりでやる必要はないけれども。

保育園に子供をつれていく、というのは、子供が保育園で過ごす支度をしてやる、ということ。

⑦だけやって「保育園の送りは私がやってます」とかは、言わない方がいいんじゃないかなぁ。

それ、料理でいったら、買い物も下ごしらえも調理も盛り付けもせずに、料理の乗った皿を台所からテーブルに運んで『料理した』って言ってるようなものだから。

なぜか、リュックを背負わなければ出ないといった日。上着は着てくれなかった。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,632人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー